Rakuten infoseek

辞書

AI【えーあい】

知恵蔵

AI
1956年のダートマス会議において、ジョン・マッカーシーらによって名付けられた。人間知能にできるだけ近い機械を作ろうとする研究と、人間が知能を使ってすることを機械にさせようという研究の、大きく分けて2系統のトレンドが存在する。生物の遺伝原理を用いる遺伝アルゴリズム、専門家の知見を蓄積するエキスパートシステム、音声認識、画像認識、感性処理、ゲーム、自然言語処理、推論、探索、知識表現、データマイニングニューラルネット、そしてロボットなど、多彩な研究テーマの総体として疑似知能が模索されている。
(築地達郎 龍谷大学准教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

AI
アムネスティ・インターナショナル」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

Ai
Autopsyimaging(オートプシー=解剖イメージング=画像診断)の。CT画像などで体内の出血骨折の状況などを調べ、死因を探る。厚生労働省で議論されている死因究明の第三者機関の試案にも、解剖に加え、「死亡時画像診断を補助的手段として活用することも検討」と明記された。現在、死亡時の画像診断は医療保険の対象外で、普及しない一因と指摘されている。
(2008-06-18 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

AI
「人工知能」を意味する「Artificial Intelligence」の略。研究者の中でも明確な定義が定まっていないといい、「人工知能とは」(人工知能学会監修、近代科学社)の中で、松尾豊・東大院工学系研究科特任准教授は「人工的に作られた人間のような知能、ないしはそれを作る技術」としている。既に様々な商品やサービスに採り入れられており、掃除ロボットはその代表例。インターネット検索エンジン翻訳、音声認識にもいかされている。
(2019-03-26 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

エー‐アイ【AI】[air intercepter]
air interceptor》空中迎撃機。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エー‐アイ【AI】[Amnesty International]
Amnesty International》⇒アムネスティインターナショナル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エー‐アイ【AI】[artificial intelligence]
artificial intelligence》⇒人工知能

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エー‐アイ【AI】[artificial insemination]
artificial insemination》⇒人工授精

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エー‐アイ【AI】[avian influenza]
avian influenza》⇒鳥インフルエンザ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

AI
フランスの文具メーカー、BIC(ソシエテ・ビック)社のボールペンのブランド、また油性ボールペンの商品名。インキ色は3色。油性ボールペンのほか、ゲルインキボールペンがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

エーアイ【AI】
人工知能。◇「artificial intelligence」の頭文字から。⇒人工知能

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

AI

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えーあい【AI】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

AI
Amnesty International
アムネスティインターナショナル

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AI
artificial insemination

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AI
artificial intelligence

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

AI
女性シンガーソングライター。イタリア人の祖母をもつ日本人とのクォーターで、本名は植村 愛 Carina(うえむら あい カリーナ)。1981年11月2日、米国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。株式会社EMIミュージック・ジャパン所属。3歳の時、鹿児島に移り住む。96年に渡米し、ロサンゼルスのパフォーミング・アーツ・スクールに入学。教会のクワイア(ゴスペル音楽の聖歌隊)のメンバーになる。2000年に日本へ帰国し、株式会社BMGJAPANより「Cry, just Cry」でデビュー。01年、ファーストアルバム「my name is AI」をリリース。03年のセカンドアルバム「ORIGINAL A.I.」はオリコン・アルバム・チャート15位に、04年の「2004 A.I.」はオリコン・アルバム・チャート3位を記録し同年のゴールドディスクを獲得した。05年、「Story」でNHK紅白歌合戦に初登場、同アルバムは、12年10月現在、累計30万枚を売り上げを果たす。以降、映画やドラマの主題歌への起用、初監督作品「BLUE PACIFIC STORIES『TAKE ACTION』」の公開、幾多のアーティストとのコラボレーションなど多彩な13年3月、音楽集団「カイキゲッショク」のリーダーでボーカルのHIROと結婚することを発表した。
(2013-3-11)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

エー‐アイ【AI】
〘名〙 (artificial intelligence の略) =じんこうちのう(人工知能)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

AI
エーアイ
artificial intelligence; AI
人工知能」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

AI
えーあい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AI」の用語解説はコトバンクが提供しています。

AIの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.