Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

38度線【さんじゅうはちどせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

38度線
さんじゅうはちどせん
朝鮮半島の中央を横断する北緯 38度線のこと。太平洋戦争終結とともに,この線の北側にソ連軍が,南側にアメリカ軍がそれぞれ進駐し,日本軍の降伏を受理した。 38度線による朝鮮の分割占領は,1945年8月 10日夜から 11日にかけてアメリカ政府で検討され,連合軍司令官一般命令第1号の一部として統合参謀本部を経て大統領の承認を得たものである。この境界線の設定が単なる軍事上の便宜措置であったかどうかについては議論余地があるが,当初は信託統治実施までの暫定的分割線にすぎなかった。その後,東西冷戦のアジアへの拡大とともに,この線は事実上の国境となり,48年夏には大韓民国朝鮮民主主義人民共和国が,それぞれ南側と北側に樹立された。現在の境界線は 53年7月 27日の朝鮮休戦協定によるものであり,38度線とは若干異なる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

38度線
さんじゅうはちどせん

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

38度線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

38度線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.