Rakuten infoseek

辞書

2007年問題【にせんななねんもんだい/2007ねんもんだい】

知恵蔵

2007年問題
人手不足時代」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

2007年問題
戦後の第1次ベビーブーム(1947〜49年)に生まれた約680万人いる「団塊の世代」が07年から定年を迎えることから、社会保障費増大や労働力不足など様々な影響が懸念されていることを指す。経済界には、ものづくりの技術を若い世代に伝えられないのではないか、という危機感がある。
(2006-06-27 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

人事労務用語辞典

2007年問題
2007年から団塊の世代が相次いで60歳定年を迎えることに伴う退職金負担、労働力不足、消費への影響など、企業や社会に及ぼす影響を指します。日本の人口が減少に転じる時期と重なるため、政府も対応策の検討に乗り出しています。
(2004/10/25掲載)

出典:『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2007年問題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

2007年問題の関連情報

関連キーワード

アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧イエメン共和国の要覧

他サービスで検索

「2007年問題」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.