Rakuten infoseek

辞書

2000年問題【にせんねんもんだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

2000年問題
にせんねんもんだい
Year 2000 bug
西暦 2000年にコンピュータの年号認識システムが混乱し,さまざまな影響が現れると懸念された問題。Y2Kとも呼ばれる。初期のコンピュータは開発費用やメモリの制限などの理由から,ソフトウェア中央処理装置 CPUなどのハードウェアで西暦年号を下 2桁で処理する仕様としてきた。このため 2000年前後になると,2000年を 1900年と区別できないことからいろいろな不都合が起こると予想された。特に 2000年1月1日以降,世界規模でコンピュータシステムに混乱が生じると思われたため,アメリカ合衆国を中心に国家プロジェクトとしてその対策がとられた。日本でも 1990年代末から社会的・経済的にさまざまな事態が起こりうるとされた。2000年問題の対策費用は全世界で数百億ドルともいわれ,銀行の金融システムなど大きなものは費用をかけて対策ができたが,組み込み型のマイクロチップや小規模なソフトウェアでは対応が追いつかない場合も目立った。しかし,2000年問題の影響は微々たるもので,世界的に起こった問題はほとんどなかったといえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

2000年問題
にせんねんもんだい
コンピュータ普及初期のメモリーが高価な時代には、使用メモリーをできるだけ少なくする工夫が望まれた。そのため、年月日を示すデータのうち西暦年号の上2桁を省略し下2桁だけを使うプログラムが多数つくられた。たとえば1995年を示すのに、95だけを使用するものとした。すると、このようなプログラムに対し2000年は下2桁の00となり、これは1900として計算されることになる。たとえば1990年から2002年までの12年間の利子計算をするとき、2002年の下2桁が02なので1902年とされてしまい、1902-1990=-88年となって、その結果、利子がマイナスとして計算されるおそれがある。このようなプログラムが修正されずに2000年以降も作動するとき、それによって引き起こされる問題を2000年問題という。Y2K(YはYear、Kはキロつまり千を意味)ともいう。
 工場や交通機関、オフィスなど至る所に組み込まれたコンピュータの中にこのようなプログラムが忍んでいる可能性があるため、それがどのような害を引き起こすか予測しにくい。このような誤りを自動的に検出し修正するソフトウェアもつくられているが、最終的にはヒトの判断に頼らざるをえない。2000年になれば、当然このような事態になることはわかっていたのだから、そもそも単純なプログラムミスであったといってよい。しかし、現在の巨大なソフトウェアには2000年問題以外にも予期できないミスが潜んでいる可能性がある。2000年問題とはそのようなソフトウェアのバグ(誤り)が社会に大きな災厄を招く危険性をもっていることへの警鐘である。
 実際に2000年になってみると、人命にかかわるような重大事故は発生せず、少なくとも公には報告されていない。企業やマス・メディアが過大に喧伝(けんでん)しすぎたともいわれるが、周到な対策によって、事故を未然に防げたとも考えられる。実際、韓国において、マンションの空調が止まり、900世帯が数時間にわたって暖房なしで過ごしたケースなど、対策もれによる事故例が多く報告されている。[田村浩一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2000年問題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

2000年問題の関連情報

他サービスで検索

「2000年問題」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.