Rakuten infoseek

辞書

鼻のがん【はなのがん】

家庭医学館

はなのがん【鼻のがん Cancer of the Nose and Paranasal Sinuses】
[どんな病気か]
 いわゆる鼻のがんは、正確には鼻副鼻腔(びふくびくう)がんといいます。
 2対1の割合で、女性より男性に多く、50~60歳代に多くおこります。
 鼻副鼻腔のがんは、上顎洞(じょうがくどう)がん、篩骨洞(しこつどう)がん、前頭洞(ぜんとうどう)がん、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)がん、鼻腔(びくう)がん、外鼻(がいび)がんに分類されます。
 このうち頻度(ひんど)が高いのは、上顎洞がん、次いで篩骨洞がんです。
[原因]
 慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)(いわゆる蓄膿症(ちくのうしょう)(「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」))が続いていることが、原因に大きく関係しています。
 最近、鼻副鼻腔のがんの一部は、ヒトパピローマウイルスが関与していることが明らかになりました。
[症状]
 たとえば上顎洞がんの場合、腫瘍(しゅよう)は上顎洞と呼ばれる、骨に囲まれた部位にできるので、初期には無症状です。したがって、腫瘍がこれらの骨を破壊して周辺に進展すると、症状が現われてきます。
 腫瘍が内側、つまり鼻腔のほうへ進むと、鼻づまりや、膿(うみ)や血がまじった鼻汁(びじゅう)が出たりします。涙の管(鼻涙管(びるいかん))がつまってしまうと、その鼻涙管がある側の目から涙が出やすくなります。
 前方や外側に進むと、頬部(きょうぶ)が腫(は)れたり、しびれ感や痛みを感じたりします。
 一方、下方に進むと、歯痛(しつう)、歯肉(しにく)の腫れ、口蓋(こうがい)(口の中の天井にあたる部分)に腫瘤(しゅりゅう)や潰瘍(かいよう)ができたりします。
 上方に進むと、眼球が押されて上転(じょうてん)するため、目の下方の白目(しろめ)が目立ってきたり、眼球が少し突出(とっしゅつ)したりします。
 後方に進むと、顔面の知覚(ちかく)を司(つかさど)る神経が圧迫され、歯や頭の痛みがおこったり、口が開きにくくなったりします。
 篩骨洞がんは、鼻づまりや血膿性鼻汁(けつのうせいびじゅう)、また眼球突出(がんきゅうとっしゅつ)、視力障害(しりょくしょうがい)や眼球運動障害がおこることがあります。
[検査と診断]
 最初は、視診(ししん)、触診(しょくしん)、鼻鏡検査(びきょうけんさ)やファイバースコープなどの検査が行なわれ、その後にCTやMRIなどの画像診断(がぞうしんだん)が行なわれます。肉眼で腫瘍が見える場合は、そこから生検(せいけん)(組織検査)を行ないます。必要があれば入院のうえ、上顎洞を開けて生検を行ないます。
●受診する科
 耳鼻咽喉科(じびいんこうか)、または、頭頸科(とうけいか)(がん専門病院など)を受診してください。
[治療]
 腫瘍の進展範囲によりますが、可能であれば、放射線治療、化学療法、上顎部分切除などの、上顎を温存する治療を行ないます。
 しかし、場合によっては上顎全摘術(じょうがくぜんてきじゅつ)および眼球摘出術が必要となることがあります。また、腫瘍が頭蓋底(ずがいてい)に進展している場合は、頭蓋底手術を行ないます。篩骨洞がんの場合は、篩骨洞が頭蓋底に近いため、頭蓋底手術が必要となることも少なくありません。
●予後
 30年以上前は、もっとも予後の悪い疾患の1つでしたが、最近では50~70%が治癒(ちゆ)しています。
 とくに、嗅神経芽細胞腫(きゅうしんけいがさいぼうしゅ)の篩骨洞がんの場合は、頭蓋底手術の適応となることが多いのですが、その予後は5年生存率が60~65%前後と、比較的良好です。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

鼻のがん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鼻のがんの関連情報

他サービスで検索

「鼻のがん」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.