Rakuten infoseek

辞書

鼠算【ネズミザン】

デジタル大辞泉

ねずみ‐ざん【×鼠算】
和算の計算問題の一。正月に雌雄2匹のネズミが12匹の子を産み、2月にはその親子のネズミ七つがいがそれぞれ12匹の子を産み、毎月このようにネズミが増えていくと12月には何匹になるかという問題で、2×712すなわち276億8257万4402匹になる。鼠の子算用。
急激にふえていくことのたとえ。「鼠算式に増える」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ねずみざん【鼠算】
和算の一。「正月にひと組みの鼠が一二匹生む。毎月それぞれが、また一二匹ずつ子を生むとすると、12月には鼠は何匹になるか」というような等比級数的にふえ続ける鼠の数を数えるような問題。また、そのように急速に増加することのたとえ。 -式にふえてゆく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねずみ‐ざん【鼠算】
〘名〙 和算で、鼠が親子ともに一定期間を置いてどんどん繁殖することを例として作った等比級数的にふえていく計算問題。また、そのように数値が急速に増していくことのたとえ。鼠勘定。鼠算用。
※塵劫記(1627)下「鼠算の事、正月に鼠、父母出でて、子を十二疋生む、親共に十四疋に成る也。此鼠三月には、子も又子を十二疋づつ生む故に、親共に九十八疋に成る。此くの如く月に一度づつ、親も子も孫も曾孫も月月に十二疋づつ生む時、十二月の間に〈略〉二百七拾六億八千二百五十七万四千四百二疋に成る也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼠算」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鼠算の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.