Rakuten infoseek

辞書

鼓動【コドウ】

デジタル大辞泉

こ‐どう【鼓動】
[名](スル)
心臓が血液を送り出すために規則的に収縮・拡大すること。また、その音。「心臓が激しく鼓動する」
気持ちや物などが震え動くこと。また、震わし動かすこと。「新思潮の鼓動

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こどう【鼓動】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こどう【鼓動】
( 名 ) スル
心臓の律動的な動き。また、その響き。動悸どうき
内面にひそむものが活力を得て動き出すこと。ふるえ動かすこと。 「春の-」 「民間の政治思想を-する/花間鶯 鉄腸

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐どう【鼓動】
〘名〙
① 太鼓の響き。〔色葉字類抄(1177‐81)〕〔白居易‐早朝詩〕
② ふるえ動くこと。また、大きな音を立てること。どよめくこと。
※蕉堅藁(1403)寧一菴。住姑蘇崇福。江湖疏「豊城剣気、射斗牛之光芒。陶壁梭精、乗風雷之鼓動」 〔論衡‐是応〕
③ (━する) ふるわし動かすこと。鼓舞。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「一時はこれが為に鼓動(〈注〉キヲヒキタテル)せらると雖も」
④ (━する) 心臓が収縮運動によって律動的にどきどきと動いて胸に響きを伝えること。また、その響き。動悸(どうき)
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「心臓は早鐘を撞鳴らす様に皷動する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼓動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鼓動の関連情報

他サービスで検索

「鼓動」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.