Rakuten infoseek

辞書

黙秘権【もくひけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黙秘権
もくひけん
自己に不利益な供述を拒否する権利自白偏重の裁判は,寃罪事件を引起しやすく,その反省に立って,近代の憲法は,客観的な証拠に基づく裁判を原則とし,この権利を認めた。日本では憲法 38条1項で認められている。自己に不利益な事実とは,刑事責任を負わされ,または加重される事実とされ,民事上,行政上の不利益な事実を含まない。刑事訴訟法上は,被告人被疑者に対して,自己に有利,不利を問わず,供述を拒否することを認めている (198条2項,311条1項) 。そのような意味から,この権利を侵害するような手段で獲得された供述は,これを証拠として用いることはできず (憲法 38条2項,刑事訴訟法 319条1項) ,被告人,被疑者にはあらかじめ黙秘権があることを告げなければならない (刑事訴訟法 198条2項,291条2項) とされている。また,黙秘権を行使した者を不利益に扱ってはならないことはこの権利の当然の効果である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

黙秘権
憲法38条の「何人も、自己に不利益な供述を強要されない」との規定に基づき、刑事事件の容疑者や被告人に保障される権利。捜査員が自白を強要したり、供述を誘導したりしたと認められる場合、その供述内容を裁判の証拠とすることはできない。
(2015-04-30 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

黙秘権
憲法38条の「何人も、自己に不利益な供述を強要されない」との規定に基づき、刑事事件の容疑者や被告人に保障される権利。捜査員が自白を強要したり、供述を誘導したりしたと認められる場合、その供述内容を裁判の証拠とすることはできない。
(2015-04-30 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

もくひ‐けん【黙秘権】
被告人被疑者が取り調べや公判において、自分に不利益な供述を強要されない権利。日本国憲法で保障されている。供述拒否権

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もくひけん【黙秘権】
自分が刑事責任を負わされるおそれのある事実について供述することを強制されない権利すなわち供述拒否権をいう。近代以前の刑事裁判では,被告人は真実を述べるのが当然とされ,拷問によって強制的に自白させることさえ許されていた。しかし,啓蒙時代に入ると,自己に不利益なことをみずから言うことを強制するのは人間の尊厳に反するばかりでなく,拷問は基本的人権に反し,強制された自白はかえって真実に反し,誤判を導くおそれも大きいとして,これに強い非難があびせられるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もくひけん【黙秘権】
憲法が保障する基本的人権の一。刑事責任を負わされるおそれのあるような自己に不利益な供述を強要されない権利。供述拒否権。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黙秘権
もくひけん
被疑者・被告人は供述する義務を負わないことをいう。旧刑事訴訟法は被告人尋問の制度を規定して、「被告人に対しては被告事件を告げ其(そ)の事件に付(つき)陳述すべきことありや否を問うべし」とし、この規定を被疑者の尋問に準用していたが、現在、この黙秘権は強化されている。すなわち、何人(なんぴと)も自己に不利益な供述を強要されないことが憲法第38条1項で保障され、これを実現するために刑事訴訟法第311条1項は、被告人は終始沈黙し、または個々の質問に対し供述を拒むことができる、とした。もっとも判例は、氏名の黙秘は原則として許されないとしている。被疑者の取調べに際しては、あらかじめ被疑者に対して、自己の意思に反して供述をする必要がない旨を告げることを要する(刑事訴訟法198条2項)。
 被告人が黙秘権を行使して供述しなかったからといって、このことから、犯罪事実の認定について被告人に不利益な推測をすることは許されない。黙秘している事実を被告人に不利益な量刑資料として考慮することも許されないが、被告人が反省していないことの一資料とすることはありうる。被疑者が黙秘権を行使している場合にも、黙秘権の行使それ自体を勾留(こうりゅう)延長の理由とすることはできないが、黙秘権行使の結果として、住所不定、罪証隠滅のおそれなどの勾留理由がなお存続している場合には、それらの勾留理由から勾留延長がなされることもありうる。
 被疑者・被告人が任意に供述する場合には、この供述は、自己に不利益な証拠にも、利益な証拠にもなりうる(刑事訴訟規則197条1項)。裁判長は冒頭手続で黙秘権のほかこの旨をも告げる必要がある(刑事訴訟法291条3項)。黙秘権が認められる理由は、個人の尊厳を尊重することにある。したがって、強制、拷問、法律上認められない利益の約束、偽計などにより被疑者・被告人の意思決定、意思活動の自由を侵害することは許されない。任意性のない自白または任意性に疑いのある自白の証拠能力は否定される(同法319条1項)。[内田一郎・田口守一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もくひ‐けん【黙秘権】
〘名〙 被告人や被疑者が、捜査機関の取調べや公判廷などにおいて終始沈黙し、または個々の質問に対し答を拒むことができる権利。強制された供述については証拠とすることができない。日本国憲法・刑事訴訟法で保障。
※随筆東京(1951)〈奥野信太郎〉場末風景「わが組合長は美しく黙秘権を行使して微笑むだけであった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黙秘権」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黙秘権の関連情報

他サービスで検索

「黙秘権」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.