Rakuten infoseek

辞書

【くろ】

色名がわかる辞典

くろ【黒】
色名の一つ。英名はブラック(black)。JISの色彩規格では、そのまま「黒」としている。一般に「炭のように黒い」「墨のように黒い」という表現をするが、いずれも黒に近い色であって純粋な「黒」ではない。すべてのを完全に吸収できるような黒い物質は存在しないとされている。したがって、色名としての黒は他の色の概念で例えようがなく、黒は黒となってしまう。黒系統の総称としての意味合いが強い。また、黒は無彩色であり、の対語。この黒と白はもっとも古く発生した色名の概念とされる。中国から伝えられた五行説では「木火土金水」の「水」に相当し、季節では冬を表す。この場合は「玄」と表記され、冬の異称を玄冬という。またファッションで黒はお洒落しゃれな色の一つだが、黒という言葉で何かを形容するときは「黒社会」「黒幕」「腹黒い」「黒星」などマイナスイメージになることが多い。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろ【黒】
色の名。墨・木炭のような色。黒色。「のセーター」
黒い碁石。また、それを持つほう。先手。「が三目の勝ち」⇔
犯罪などの容疑が濃いこと。「状況証拠ではだ」「判定はと出る」⇔
黒字2」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく【黒】[漢字項目]
[音]コク(呉)(漢) [訓]くろ くろい
学習漢字]2年
〈コク〉
くろ。くろい。「黒雲黒点黒板漆黒
暗い。「暗黒
悪いこと。有罪。「黒白(こくびゃく)
〈くろ(ぐろ)〉「黒星黒幕白黒腹黒
[難読]黒衣(くろご)黒子(ほくろ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろ【黒】
色名の一つ。日本工業規格(JIS)では,10種の有彩色,5種の無彩色の計15色名を基本色名として定めているが,黒は無彩色の基本色名の一つである。無彩色だから明度(色の3属性の一つで,色の明るさを表す)によって規定され,黒は明度0である。
[象徴としての黒]
 くろい意を表す漢字は黒のほかに玄があり,古くはむしろこちらのほうが多く使われた。玄の字は黒い糸を束ねた形で,かすかで見にくいところから天の色とされ,また北方の色とされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くろ【黒】
色の名。光を最も多く吸収し、視覚に刺激を与えることの少ない、暗い色。墨・木炭のような色。 「 -のスーツ」
黒い碁石。また、それを持って打つ方。先手。 ⇔ 「中盤戦では-が優勢」
犯罪の容疑があること。 ⇔ 「警察はその男を-とみている」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


くろ
まったく光のない状態が完全な黒であるとされているが、この状態ではなにも感じられない。実際には、わずかの光を一様に反射するものを黒として見ているといってよい。黒は、じみで、暗く、重々しい、沈んだ、やや静的といった印象がもたれる。また、どちらかといえば男性的で、はっきりした感じをもつ。黒からの連想は、タイヤ、モーニング、黒髪など、黒色であるものが多い。また、抽象的なものとしては、不安、死、不気味、陰気、孤独といったように、暗闇(くらやみ)などと結び付きやすいものが連想されている。罪、恐怖などといったものとも結び付きやすい。
 黒に対しての好みは、成人においては比較的高い。一方、子供の場合には、嫌いな色としてよく指摘されている。黒の連想はあまり快適なものではないようであるが、実際に服などに使用するとその印象が変わってくる。立体的なもの、動きが入るもので黒の場合には、光の状況により微妙に変化して見える。このため実際に使用すると、ニュアンスのある色として感じられる。黒は白とともに無彩色の代表とも考えられるが、人間の目が、暗いほうの明るさの変化に敏感であるため、わずかな光の反射の違いが、黒を微妙に変化させる。したがって、シックな感じをもたせることが往々にしてある。
 黒はまた重厚感を生じさせる。これは、色彩のなかでもっとも明度が低いことに対応している。黒は連想、象徴されるものが、暗闇などから感じるものと類似しているため、表に出ないで、陰でいろいろなことをする場合などの表現としても使われている。黒幕、黒衣(くろご)ということばなどその例であろう。ほかに、黒と白の両方を使い、黒白をはっきりさせるなどともいう。黒そのもののイメージと、実際に用いられたときがかなり異なるのも黒の特色であろう。[相馬一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろ【黒】
〘名〙
① 色の名。木炭や墨のような色。白に対する。多く「黒髪」「黒馬」「黒土」のように熟して用いられる。→黒い
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)下「たちまちびんひげのくろを抜ひて、白きを残せり」
② 黒色の馬。黒毛の馬。
※源平盛衰記(14C前)三六「此の黒(クロ)は今度の上洛に、鎌倉殿より得給へり」
③ 碁の黒石。また、その石を持った方の者。
※格五新譜(1844‐54頃か)布勢巻「三の手、黒中の筋を打てば、四と中筋にて対ゑる事定勢と心得べし」
④ 鍋、釜をいう女房詞。
※婦人養草(1689)五「なべはくろと、かまはくろと」
⑤ 「くろじ(黒字)②」の略。
⑥ 「くろまく(黒幕)②」の略。
容疑者に犯罪の事実があること、また、その人をいう俗語。⇔
※未完の告白(1948)〈川本不二雄〉「私はさいしょから平沢を〝黒〟と睨んでゐました」
⑧ 無政府主義、または無政府主義者の俗称。
⑨ 黒札(白に黒い字で記す自家用車の番号札)の略で、自家用車をいう。〔新しい言葉の泉(1928)〕
⑩ 牛をいう沖言葉。〔分類漁村語彙(1938)〕
⑪ 海苔(のり)養殖業者が、アサクサノリをさしていう語。
[語誌]色名としては「あか(赤)」と同じく複合語として用いられることが多い。赤が明るさについていうことから派生したように、「くらし(暗)」と同源で、本来は暗い状態を表わす語から発したと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろ・い【黒】
〘形口〙 くろ・し 〘形ク〙
① 黒の色をしている。墨の色である。
※古事記(712)上・歌謡「ぬばたまの 久路岐(クロキ)御衣(みけし)を ま具(つぶさ)に 取り装(よそ)ひ」
② 濃い紫、にびいろなどの黒っぽく暗い感じのする色である。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「御手の綾の単衣のくろきよりさしいで給へる、いと美しげにおはす」
③ 肌が日に焼けている色である。
※古今著聞集(1254)五「都にありながら、此歌をいださむ事念なしと思て、人にもしられず久しく籠り居て、色をくろく日にあたりなして後」
④ きたない。よごれている。
※徒然草(1331頃)一七五「年老いたる法師召し出されて、くろくきたなき身を肩抜ぎて、目もあてられずすぢりたるを」
⑤ 悪心があって公明でない。悪い。腹黒い。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「昨日今日入学して、くろしあかしのさとりなきが」
⑥ その道に老練である。くろうとである。
浄瑠璃・奥州安達原(1762)一「お前方は素人(しらうと)、慮外ながら文学の友三というて、ずんと黒い男」
⑦ 粋(いき)である。また、人情に通じてものわかりがよい。
※浄瑠璃・太平記菊水之巻(1759)三「大黒の文字は大きに黒い、おれを粋ぢゃといふ心、趣向どふもいへぬ」
⑧ 犯罪の疑いが濃厚である。
※人情本・恋の花染(1832‐34)初「二人一緒に縄縛(から)げ、知県所(だいくゎんしょ)へ引き摺り出し、白いか黒いか分けやせう」
⑨ 「くろきち(黒吉)①」の位である。
※洒落本・辰巳之園(1770)「黒ひ 役者評判記より出たり。吉の事也」
くろ‐げ
〘形動〙
くろ‐さ
〘名〙
くろ‐み
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろ・し【黒】
〘形ク〙 ⇒くろい(黒)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろま・す【黒】
〘他サ四〙
① 黒くする。黒々としたさまにする。
※栄花(1028‐92頃)玉の飾「一品宮の御服やつれもいとあはれに心苦しう〈略〉女房・宮司など、皆いとくろましたり」
② ごまかす。紛らわしくする。
※浄瑠璃・生写朝顔話(1832)浜松の段「偽(いつは)りすかして帰さんと、猶しも声をくろまして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろま・る【黒】
〘自ラ四〙
① 物が黒くなる。黒みを帯びる。黒む。
※帰省(1890)〈宮崎湖処子〉五「養蚕は父と弟に任せて専ら織焉(おること)のみに急ぎつつ、烟筒も亦黒まりぬ」
② 何とか生活ができる。
浮世草子・世間妾形気(1767)三「からるるだけはかりまして成りとも、お身のくろまる御恩報じが致しましたい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろ・む【黒】
[1] 〘自マ四〙
① 黒くなる。古びたり、よごれたり、日に焼けたりして黒みを帯びる。
※聖語蔵本願経四分律平安初期点(810頃)「風に飃(ふか)れ、日に暴(さら)され、形体は黒(クロミ)(く)け、剥げ裂け仏の所(みもと)に往詣して」
② (「身がくろむ」の形で) 暮らしが立つ。何とか生活ができるようになる。
※浮世草子・西鶴織留(1694)六「夫婦の人の心さへ変らずは、互に身のくろみて後、又ひとつの寄相ひ成事」
③ (「座がくろむ」などの形で) その座がうまくとりつくろわれる。また、安泰になる。
※葉隠(1716頃)一「身を擲(なげうち)て居る御家来は無他事者也。一、三人あれば、御所労黒むもの也」
[2] 〘他マ下二〙 ⇒くろめる(黒)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

くろ・める【黒】
〘他マ下一〙 くろ・む 〘他マ下二〙
① 黒くする。黒く染める。黒くぬりつぶす。
※落窪(10C後)三「薪(たきぎ)には、蘇芳(すはう)をわりて、少し色くろめて、組して結ひたりける」
② 黒くしてわからなくする。まぎらし隠す。ごまかす。とりつくろう。
※俳諧・毛吹草(1638)五「散花の跡をくろむる茂り哉〈昌意〉」
③ (「後をくろめる」の形で) 戦いのとき、背後を固める。後方を守る。
※天草本伊曾保(1593)鳥と、獣の事「ヲノヲノ アトヲ curomesaxerareito(クロメサセラレイト) サモ タノモシゲニ」
④ (「身をくろめる」の形で) くらしを立てる。何とか生活のできるようにする。
※浮世草子・風流今平家(1703)五「おのれが身をくろめんが為、年季の内にもとでをくすね、自分に小見世をはり」
⑤ (「座をくろめる」などの形で) その座をとりつくろう。
※歌舞伎・伊達競阿国戯場(1778)大序「こりゃお前の禿衆を一寸貸して下さりませ、せめて禿衆で座敷をくろめたうござります」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく【黒】
〘名〙
① くろい色。
※雲形本狂言・富士松(室町末‐近世初)「御句に青(しゃう)・黄(わう)・赤(しゃく)・白(びゃく)・黒(コク)、をなさると見えてござるが」
② くろみをおびたもの。くろっぽい色。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒の関連情報

関連キーワード

黒人文学キム・スタンリー ロビンソンロボライダーバイオライダーBye-Bye~バイバイ~タイミング~Timing~STAMINA~スタミナ~シロカジキコーンジョーンズ

他サービスで検索

「黒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.