Rakuten infoseek

辞書

黒雲母【くろうんも】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒雲母
くろうんも
biotite
含水ケイ酸塩鉱物。六角板状結晶で,褐色ないし黒色を呈する。比重 2.7~3.3,硬度 2.5~3。かなり広い温度条件で安定な鉱物で,カリウムに富む種々の火成岩変成岩主成分鉱物として産する。雲母は次の4つの端成分から成る固溶体で,これらの端成分が適量混合したものが普通の黒雲母。 (1) 金雲母成分 K2Mg6(Si6Al2O20)(OH)4 。 (2) アンナイト成分 K2Fe6(Si6Al2O20)(OH)4 。 (3) イーストナイト成分 K2Mg5Al(Si5Al3O20)(OH)4 。 (4) シデロフィライト成分 K2Fe5Al(Si5Al3O20)(OH)4

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろ‐うんも【黒雲母】
雲母の一。カリウムマグネシウムアルミニウムなどを含む珪酸塩(けいさんえん)鉱物。黒・暗褐・暗緑色などで、六角板状の結晶。薄くはがれやすい。火成岩変成岩造岩鉱物として広く産出する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろうんも【黒雲母 biotite】
雲母のうちでは,最もふつうのものの一つ。金雲母KMg3(Si3Al)O10(OH)2とアナイトannite KFe3(Si3Al)O10(OH)の間の固溶体であるが,Fe,MgをAlで置換したものも多い。このほか,Fe,MgをMn,Fe3+,Ti4+で置換したもの,KをNaで,OHFで置換したものなど,きわめて複雑な化学組成をもつ。基本単位層1層の単斜晶系のものがふつうであるが,2層単斜晶系,3層三方晶系のほか31層までのポリタイプが知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くろうんも【黒雲母】
雲母の一種である鉱物。鱗状または六角板状の結晶。薄くはがれやすく黒緑色ないし黒褐色のガラス状光沢がある。火成岩・変成岩の造岩鉱物として広くみられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黒雲母
くろうんも
biotite
雲母の一種。普通鱗片(りんぺん)状結晶であるが、しばしば板状あるいは短柱状の結晶を示す鉱物。断面はほぼ六角形を示す。多型polytype(層状の構造をもつ鉱物のうち単位層の積み重ねの方向の周期が異なるもの)があり、単斜晶系のものがもっとも普通で、六方(三方)晶系のものも知られている。造岩鉱物として広く産出する。花崗(かこう)岩、花崗岩質ペグマタイト、閃緑(せんりょく)岩、斑糲(はんれい)岩、安山岩など各種火成岩中に普通に産する。また、片麻岩、結晶片岩、泥質岩起源のホルンフェルスなどにもよくみられる。現在は雲母グループの再定義により、鉱物学上は黒雲母という種名はない。黒雲母はおもに金雲母と鉄雲母の中間成分のもので、Mg>Fe2+の場合は金雲母、Fe2+>Mgの場合は鉄雲母とよばれる。またアルミニウムより3価の鉄が多い場合は別の種類として分類される。英名は、雲母の光学的研究を行ったフランスの物理学者ビオJ. B. Biotにちなみ命名された。[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろ‐うんも【黒雲母】
〘名〙 雲母の一つ。カリウム、鉄、マグネシウム、アルミニウムの含水フィロ珪酸塩鉱物。緑色、黒の真珠色または金属的な光沢をもつ。花崗岩などの火成岩、変成岩から広く産出する。バイオタイト。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こく‐うんも【黒雲母】
〘名〙 =くろうんも(黒雲母)〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒雲母」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒雲母の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.