Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

黒谷【クロダニ】

デジタル大辞泉

くろだに【黒谷】
京都市左京区、比叡山西塔の北谷法然の修行した青竜寺がある。本黒谷(ほんくろだに)。
京都市左京区、岡崎の地名。法然が光明寺(現在の金戒光明寺)を開いた地。新黒谷。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろ‐だに【黒谷】
[一] 京都市左京区、比叡山西塔の北谷。法然が修行した青龍寺がある。本黒谷(ほんくろだに)
※源氏(1001‐14頃)手習「くろたにとかいふ方よりありくほうしのあとのみまれまれはみゆるを」
[二] 京都市左京区岡崎の地名。法然が布教した光明寺(のち金戒光明寺と改称)がある。また、金戒光明寺のこと。新黒谷。
※謡曲・生田敦盛(1520頃)「かやうに候ふ者は黒谷の法然上人に仕へ申す者にて候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒谷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.