Rakuten infoseek

辞書

黒田長政【くろだ ながまさ】

美術人名辞典

黒田長政
安土桃山・江戸前期の大名。筑前国福岡藩初代藩主播磨姫路生。黒田孝高(如水)の長男通称松寿・吉兵衛。幼い頃、織田信長人質となり、のちに豊臣秀吉について、朝鮮出兵賤ヶ岳戦い等数々の戦を挙げる。関ヶ原の戦いでは東軍に属し、その功が認められ筑前国を与えられる。初め名島藩主となったが、後に福崎に城を築き、福岡と名付けた。元和9年(1623)歿、56才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

くろだ‐ながまさ【黒田長政】
[1568~1623]安土桃山から江戸初期の武将孝高(よしたか)の子。豊臣秀吉に従い、九州平定、文禄の役慶長の役に活躍。秀吉死後、関ヶ原の戦いでは徳川方につき、大功を立てて筑前52万石を拝領

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

黒田長政 くろだ-ながまさ
1568-1623 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
永禄(えいろく)11年12月3日生まれ。黒田孝高(よしたか)の長男。豊臣秀吉につかえ,賤ケ岳(しずがたけ)の戦い,朝鮮出兵などに従軍関ケ原の戦いでは徳川家康に味方し,慶長5年筑前福岡藩主黒田家初代となる。52万石。元和(げんな)9年8月4日死去。56歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。通称は吉兵衛。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くろだながまさ【黒田長政】
1568‐1623(永禄11‐元和9)
近世初期の武将。孝高(よしたか)の子。幼少より人質として豊臣(羽柴)秀吉のもとにあり,1582年(天正10)中国経略に初陣して以後,九州征伐,朝鮮出兵等の諸戦役で勇将の名をはせた。89年,父の所領豊前6郡を譲られ,従五位下甲斐守に叙位された。関ヶ原の戦では,父とともに徳川家康にくみし,その功で筑前52万3000石を領した。1623年,将軍秀忠の上洛に先立ち上京し,京都の宿所で病死。【高木 傭太郎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くろだながまさ【黒田長政】
1568~1623 安土桃山・江戸初期の武将。孝高よしたかの子。豊臣秀吉に仕えて、九州出兵、文禄・慶長の役に従軍。関ヶ原の戦いでは徳川方に属して功をたて筑前五二万石を領有。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒田長政
くろだながまさ
[生]永禄11(1568).姫路
[没]元和9(1623).8.4. 京都
安土桃山時代の武将。福岡 (黒田) 藩主。孝高 (如水) の子。幼名松寿。父が豊臣秀吉に仕えたので幼くして織田信長に人質として送られ,その後秀吉に預けられた。天正 10 (1582) 年,秀吉の中国征伐に従軍。賤ヶ岳の戦いで活躍。九州征伐後,同 17年孝高の跡を継いで豊前6郡を領し,従五位下甲斐守に叙任。文禄1 (92) 年,朝鮮出兵に従い,大友義統とともに朝鮮に渡って奮戦。秀吉後は父とともに石田三成に反対し,関ヶ原の戦い (1600) には徳川方に味方して筑前国 52万 3000石を与えられ,福岡を居城とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黒田長政
くろだながまさ
(1568―1623)
安土(あづち)桃山時代の武将。筑前(ちくぜん)国福岡藩主。孝高(よしたか)の子。永禄(えいろく)11年12月3日、播磨(はりま)国飾東(しきとう)郡姫路に生まれる。1577年(天正5)10歳のとき父孝高が織田信長に属したため人質として信長のもとに送られ、豊臣(とよとみ)秀吉に預けられた。82年初めて秀吉の中国攻略に従軍。九州平定後は豊前(ぶぜん)(大分県)中津に移り、89年孝高の所領を継ぎ従(じゅ)五位下甲斐守(かいのかみ)に叙任された。文禄(ぶんろく)・慶長(けいちょう)の役にも従軍。石田三成(みつなり)とは朝鮮在陣中から不仲となっていたが、秀吉没後は徳川家康に従い、関ヶ原の戦いに際しては小早川秀秋(こばやかわひであき)を東軍に寝返らせるなど東軍の勝利に大きく貢献、その功によって筑前(ちくぜん)一国(福岡県)を与えられた。初め粕屋(かすや)郡名島に入ったが、那珂(なか)郡警固(けご)村福崎に城を築いてここに移り、祖先発祥の地(備前(びぜん)福岡)にちなんで福岡と名づけた。1623年(元和9)将軍徳川秀忠(ひでただ)の上京に先だって京都に上ったが、8月4日報恩寺で没した。博多(はかた)松原(福岡市)の崇福寺に葬る。[柴多一雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

黒田長政 (くろだながまさ)
生年月日:1568年12月3日
安土桃山時代;江戸時代前期の武将;大名
1623年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろだ‐ながまさ【黒田長政】
安土桃山・江戸初期の武将。福岡城主。孝高の子。吉兵衛と称する。姫路の人。豊臣秀吉に仕え、九州征伐、文祿・慶長の役に出陣。関ケ原の戦いでは徳川方に属して功をたて、筑前五二万三千石を領する。法名興院古心道卜。永祿一一~元和九年(一五六八‐一六二三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

黒田長政
くろだながまさ
1568〜1623
安土桃山〜江戸時代初期の武将
孝高 (よしたか) の子。豊臣秀吉に仕え朝鮮出兵で活躍。関ケ原の戦い(1600)で東軍に属し,小早川秀秋の内応を画策戦後,豊前(大分県)中津12万石から筑前福岡52万石に封じられ,福岡藩のとなった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田長政」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒田長政の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.