Rakuten infoseek

辞書

黒田清輝【くろだ せいき】

美術人名辞典

黒田清輝
洋画家。鹿児島県生。は水光。伯父黒田清綱養嗣子となる。法律研究のためパリに留学中、山本芳翠らを知り洋画を志す。久米桂一郎と画塾天真道場設立、また久米・藤島武二らと白馬会を結成し、明治洋画壇革新の中心人物となった。東美校西洋画科初代教授帝室技芸員国民美術協会会頭。帝国美術院長。貴族院議員。大正13年(1924)歿、59才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

くろだ‐せいき【黒田清輝】
[1866~1924]洋画家。鹿児島の生まれ。本名、清輝(きよてる)。清綱養嗣子。渡仏してラファエルコランに師事。帰国後、外光派画風を日本に導き入れ、久米桂一郎とともに天真道場を開き、のち白馬会を設立。また、東京美術学校西洋画科で指導に当たり、洋画界発展に寄与した。貴族院議員としても活躍。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

黒田清輝 くろだ-せいき
1866-1924 明治-大正時代の洋画家。
慶応2年6月29日生まれ。伯父黒田清綱(きよつな)の養子。明治17年法律研究のためフランスに留学。ラファエル=コランにまなび,画家を志望。帰国後の29年久米桂一郎らと白馬会を結成。外光派とよばれるあかるい画風は洋画界の主流となった。31年東京美術学校教授,のち帝国美術院院長。貴族院議員。大正13年7月15日死去。59歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。本名は清輝(きよてる)。作品に「朝妝(ちょうしょう)」「舞妓」「湖畔」など。
格言など】始終骨なし人形ばかり描いていて,いつまでも美術国だといっていられるか

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くろだせいき【黒田清輝】
1866‐1924(慶応2‐大正13)
洋画家。本名は〈きよてる〉と読む。薩摩藩士黒田清兼の長子として鹿児島に生まれ,伯父黒田清綱(1830‐1917)の養子となり,1872年(明治5)上京。清綱は元老院議官歌人としても知られた。84年法律勉強のために渡仏したが,87年法律学習を放棄して絵画に専念,R.コランに師事し,アカデミー・コラロッシで学んだ。滞仏末期の90‐92年,パリ郊外のグレー村に滞在し,《読書》《婦人像(厨房)》などを制作,93年パリの春のサロンに《朝妝(ちようしよう)》(焼失)を発表し帰国した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

くろだきよてる【黒田清輝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くろだせいき【黒田清輝】
1866~1924 洋画家。鹿児島県生まれ。フランスでラファエル=コランに師事し外光派を学ぶ。帰国後、白馬会を創立し美術運動を展開。東京美術学校初代教授として西洋画を指導。また文展および帝国美術院の創立に尽力。代表作「読書」「朝妝」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒田清輝
くろだせいき
[生]慶応2 (1866).6.29. 鹿児島
[没]1924.7.15. 東京
洋画家。本名清輝(きよてる)。薩摩藩士黒田清兼の子で,伯父の黒田清綱子爵の養子となり,明治5(1872)年上京。初め東京外国語学校でフランス語を学び,1884年法律研究のため渡仏したが,途中で洋画研究に転じてラファエル・コランに師事し画作に没頭。1891年パリのサロンで『読書』(1891)が,1893年には『朝妝(ちょうしょう)』(1893)が入選した。同 1893年に帰国して翌 1894年に久米桂一郎と,のちに白馬会洋画研究所となった画塾,天真道場を創設。1896年東京美術学校西洋画科設置とともに講師,のち教授として後進の指導にあたり,フランス外光派の明るい作風を日本画壇に伝えた。1900年文部省の命でフランスへ留学,滞仏中パリ国際博覧会に『湖畔』(1897),三部作『智・感・情』(1899)を出品して銀賞を受賞。帰国後は帝室技芸員,国民美術協会会頭,帝国美術院院長となって日本の洋画のアカデミズムの伝統を築き,また子爵,貴族院議員として海外との文化交流にも貢献。作品の多くは,遺志により 1930年につくられた帝国美術院附属美術研究所(→東京文化財研究所)内の黒田記念室に残された。その他の主要作品に『舞妓』(1893,国指定重要文化財),『鉄砲百合』(1909)がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黒田清輝
くろだせいき
(1866―1924)
洋画家。明治中期初めて日本に印象派系絵画を移入し、かつ美術教育兼行政家として活躍した。慶応(けいおう)2年6月29日鹿児島市に生まれる。幼名新太郎。伯父清綱の養嗣子(ようしし)となり、1872年(明治5)上京、のち1884年法律研究のためフランスに留学する。アカデミー・コラロッシのラファエル・コラン教室に入り、画学をも修業するが、やがて井上哲次郎にさとされ、法律学校を退いて画家の道に専念する。ベルギー、オランダへたびたび旅行。諸サロンに出品。1893年春、ソシエテ・ナシオナル・デ・ボザールに『朝妝(ちょうしょう)』を出品し、夏帰国する。翌年久米桂一郎(くめけいいちろう)と天真道場を設けて後進の指導にあたるほか、日清(にっしん)戦争に従軍。1896年には東京美術学校に新設された西洋画科の主任となり、本格的なフランス式の美術教育を開始するとともに、同志たちと白馬会(はくばかい)を創立し、洋画研究所をも設立した。こうして黒田は日本に初めて明るい印象派系の絵画を移入し、洋画界の近代化を大いに推進した。また1900~01年(明治33~34)ふたたび渡仏し、パリ万国博覧会に出品した『智(ち)・感・情』は銀賞を受けた。内外の博覧会審査官、文展審査員を務め、また洋画家として最初の帝室技芸員(1910)に任命された。1913年(大正2)創設の国民美術協会会頭、1917年養父の死去に伴って子爵を継ぎ、1920年には貴族院議員に当選するなど、概して晩年は美術行政の分野で大いに活躍した。さらに1922年には森鴎外(おうがい)の後を受けて第2代帝国美術院院長に就任、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章ほかを受けた。大正13年7月15日没。その遺志により美術研究所(現東京文化財研究所美術部)が創設された。また同研究所内に黒田記念近代現代美術研究室が設けられている。代表作『読書』、『舞妓(まいこ)』(重要文化財)、『湖畔』(重要文化財)、『木苺(きいちご)』などがある。[小倉忠夫]
『隈元謙次郎著『黒田清輝』(1966・日本経済新聞社) ▽黒田清輝著『絵画の将来』(1983・中央公論美術出版) ▽『新潮日本美術文庫27 黒田清輝』(1997・新潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろだ‐せいき【黒田清輝】
洋画家。子爵。伯父清綱の養子。本名清輝(きよてる)。鹿児島藩出身。渡仏してラファエル=コランに師事し、帰国後、印象派風の絵を描いて紫派と呼ばれ、日本の近代洋画の方向を確立した。東京美術学校教授、文展審査員、帝室技芸員、貴族院議員、帝国美術院院長を歴任。作品に「朝妝(ちょうしょう)」「舞妓」「湖畔」など。慶応二~大正一三年(一八六六‐一九二四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

黒田清輝
くろだせいき
1866〜1924
明治・大正時代の洋画家
薩摩(鹿児島県)の生まれ。フランスに遊学して初め法律を志したが,ラファエル=コランに師事して絵を学ぶ。1893年帰国し,'96年東京美術学校で洋画を教授。同年明治美術会を脱退して白馬会を創設し,印象派(外光派)を日本に紹介。裸体モデルを日本で初めて使用するなど,日本近代洋画を確立した。官展派の重鎮として活躍し,のち帝国美術院長・貴族院議員を歴任。代表作に『湖畔』『読書』『花野』など。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田清輝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒田清輝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.