Rakuten infoseek

辞書

黒沢明【くろさわあきら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒沢明
くろさわあきら
[生]1910.3.23. 東京
[没]1998.9.6. 東京
映画監督。京華学園中学校卒業。 1936年 PCL (東宝の前身) に入社。山本嘉次郎助監督を経て,1943年『姿三四郎』でデビュー。以後常にダイナミックな劇構成,すぐれた造型美の話題作を発表。滝川事件ゾルゲ事件をモデルにした『わが青春に悔なし』 (1946) ,『素晴らしき日曜日』 (1947) ,『酔いどれ天使』 (1948) ,『野良犬』 (1949) で人間性豊かに第2次世界大戦後の風俗を追求,『羅生門』 (1950) はベネチア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞を受け,日本映画の海外進出に大きく貢献した。以後,現代劇『白痴』 (1951) ,『生きる』 (1952) ,『生きものの記録』 (1955) ,『天国と地獄』 (1963) ,『どですかでん』 (1970) ,時代劇『七人の侍』 (1954) ,『蜘蛛巣城』 (1957) ,『どん底』 (1957) ,『用心棒』 (1961) ,『椿三十郎』 (1962) ,『赤ひげ』 (1965) を発表。 1975年にはソビエト連邦に招かれ『デルス・ウザーラ』を監督するなど国際的にも活躍,『影武者』 (1980) でカンヌ国際映画祭のグランプリを獲得。 1984年フランスよりレジオン・ドヌール勲章,翌 1985年映画人として初の文化勲章を受けた。同年『リア王』を翻案した『乱』を発表。 1990年には,アカデミー賞名誉賞を受賞。晩年まで創作意欲は衰えず 1990年『夢』,翌 1991年『八月の狂詩曲 (ラプソディー) 』と新作を発表し続けた。内田百 閒原作の『まあだだよ』 (1993) が最後の作品。没後国民栄誉賞が贈られた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろさわ‐あきら〔くろさは‐〕【黒沢明】
[1910~1998]映画監督。東京の生まれ。ダイナミックな映像表現と一貫したヒューマニズムの追求により、国際的評価を受ける。文化勲章受章。没後、国民栄誉賞受賞。代表作「羅生門(らしょうもん)」「生きる」「七人の侍」「影武者」「」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

黒沢明 くろさわ-あきら
1910-1998 昭和-平成時代の映画監督。
明治43年3月23日生まれ。昭和11年PCL(のちの東宝)に入社。18年「姿三四郎」で監督デビュー。「酔どれ天使」などを製作。26年「羅生門」でベネチア国際映画祭グランプリを獲得。「生きる」「七人の侍」「用心棒」などをつぎつぎと発表し,世界からたかい評価をえる。のち海外資本と提携して「乱」などを製作。ダイナミックなアクション表現やヒューマニズムを基調とした作品に特色がある。60年文化勲章。平成10年9月6日死去。88歳。没後,国民栄誉賞。東京出身。京華学園中学卒。
【格言など】私は,一本の作品ごとに,様々な一生を暮して来た。映画の上で様々な人生を経験して来た(「蝦蟇の油」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くろさわあきら【黒沢明】
1910-98(明治43-平成10)
第2次世界大戦中にデビューして戦後の日本映画史を形成したもっとも重要な存在といえる映画作家。東京生れ。画家志望であったが,1936年,PCL(同年,東宝に合併)に入社。主として山本嘉次郎(エノケン喜劇や高峰秀子主演の《綴方教室》1938,《》1941)の助監督につき,1943年《姿三四郎》で監督になる。独特の精神主義とリアリズムに徹した映画的技術を2本の柱にして,敗戦後の日本の精神的・物質的状況をダイナミックに分析し(《わが青春に悔なし》1946,《素晴らしき日曜日》1947,《酔いどれ天使》1948,《野良犬》1949),《羅生門》(1950)では,芥川竜之介の《藪の中》に基づく独創的な構成と映像で,世界の映画界を驚嘆させた(ベネチア映画祭グラン・プリ,アカデミー外国語映画賞受賞)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くろさわあきら【黒沢明】
1910~1998) 映画監督。東京生まれ。躍動的で重厚な面白さに溢れた作品によって、つねに戦後映画の中心的存在と目され、内外の映画界に多大な影響を与えた。「羅生門」「生きる」「七人の侍」「用心棒」「影武者」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろさわ‐あきら【黒沢明】
映画監督。東京の生まれ。ダイナミックな映像表現と一貫したヒューマニズムの追求により、国際的評価を受けた。代表作に「羅生門」「生きる」「七人の侍」など。明治四三~平成一〇年(一九一〇‐九八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒沢明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒沢明の関連情報

関連キーワード

誘導尋問公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判自殺関与罪逮捕反対尋問

他サービスで検索

「黒沢明」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.