Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

黒体放射【こくたいほうしゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黒体放射
こくたいほうしゃ
black body radiation
黒体が放出する熱放射のことで,黒体温度だけで定まる。現実に存在する任意の物体放射度は,一般に黒体の放射度よりも小さい。黒体放射のスペクトルプランクの放射式によって理論的に与えられ,量子論への道が開かれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こくたい‐ほうしゃ〔‐ハウシヤ〕【黒体放射】
一定の温度に保たれ熱平衡状態にある黒体が発する放射。十分に厚く外部からの放射を通さないで囲まれた空洞にごく小さなを開け、その内部から放出される熱放射を空洞放射といい、黒体放射とみなすことができる。黒体輻射

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こくたいほうしゃ【黒体放射】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

黒体放射」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黒体放射の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.