Rakuten infoseek

辞書

黄麻紙【おうまし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黄麻紙
おうまし
「こうまし」とも呼ばれる。麻紙 (あさがみ) の一種シナノキ科に属する落葉草木を原料としてすいた紙。古くは中国唐代において詔書に用いられ,日本では写経用としておもに利用されていた。現代では化学パルプなどとの混合封筒荷札型紙などとして利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうま‐し〔ワウマ‐〕【黄麻紙】
オウマ化学パルプを配合して作った紙。封筒・包装紙などに用いる。
キハダで染めた麻紙。奈良時代、多く写経用に漉(す)かれた。黄紙(おうし)。こうまし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうま‐し〔クワウマ‐〕【黄麻紙】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうまし【黄麻紙】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうまし【黄麻紙】
虫害を防ぐためにキハダなどで染めた黄色い麻紙。奈良時代、写経に用いられた。きのまし。黄紙。こうまし。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうまし【黄麻紙】
おうまし黄麻紙

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうま‐し クヮウマ‥【黄麻紙】
※正倉院文書‐天平一九年(747)一二月七日・写経所解「黄麻紙廿張 打界端切了」 〔唐会要‐省号上・中書省〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おうま‐し ワウマ‥【黄麻紙】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄麻紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄麻紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.