Rakuten infoseek

辞書

黄銅【おうどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黄銅
おうどう
brass
銅 Cuと亜鉛 Znの合金真鍮 (しんちゅう) ともいう。普通黄のほかにも品種が多い (→特殊黄銅 ) 。普通黄銅にはα黄銅 (七三真鍮,Cu/Zn≒7/3 の意) とβ黄銅 (四六真鍮,Cu/Zn≒6/4 ) の2系統がある。α黄銅は均質な銅の1次固溶体合金で,色はやや赤みがある。常温でよく鍛造圧延できるが粘いので切削性は悪く,また冷間加工後放置すると大気中の微量のアンモニアに侵され時期割れを起す欠点がある。低温加熱で加工ひずみを除くかメッキ,塗装で保護するとよい。絞り性がよいので薬莢,電球口金など深絞り製品に使われ,カートリッジ (薬莢) 黄銅の異称がある。β黄銅は実際はα相と Cu対 Znがほぼ1対1のβ相の混合組織で,色は黄白色。β相が硬いため冷間加工はできないが,高温ではよく鍛造圧延に耐え,切削性はよい。しかし暖かい海水などの塩類溶液中では,亜鉛だけ溶け出してあとに海綿状の銅が残る特異な腐食があり,これをβ黄銅の脱亜鉛現象という。しかし大気中の耐食性はよいほうで,板,条,製紙用金網ロール,家庭用品,一般板金用に用途が広い。両種とも不純物の影響が小さいことはこの合金の特色で,JISでも不純物許容度は 0.8~3.0 %以上と大きい。 JISの C2600,C2700はα黄銅,C2800はβ黄銅に相当する。なお普通黄銅は鋳造性は悪く,鋳造用にはスズ,鉛その他の元素を添加する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おう‐どう〔ワウ‐〕【黄銅】
銅と亜鉛との合金。黄色のものが多く、亜鉛の量が少ないと金色を呈する。金具・機械部品、金箔の代用などに使用。穴あきの5円硬貨の材料とする。真鍮(しんちゅう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐どう〔クワウ‐〕【黄銅】
真鍮(しんちゅう)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おうどう【黄銅 brass】
亜鉛Znをおもな合金元素とする銅合金で,銅合金の代表的なものの一つ。シンチュウ(真鍮)とも呼ばれる。Cu‐Zn合金のうち,Zn20%以下のものは丹銅といい,それ以上を黄銅という。Znの量が増すにつれて,銅赤色から黄色へと色が変わる。Cu‐Znの金属間化合物は,α相,β相,γ相などに区別されるが,Zn35%以下の黄銅はα相のみ,35~45%ではα相+β相,45%以上ではβ相となり,48%以上ではγ相も現れてくる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おうどう【黄銅】
銅と亜鉛との合金。黄色。加工しやすくさびないので工業材料などとして広く用いる。真鍮しんちゆう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうどう【黄銅】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黄銅
おうどう
brass
亜鉛を銅に加えたものを基台とする銅合金。真鍮(しんちゅう)ともいう。青銅よりは出現が後れたが、これと並んでもっとも多い銅合金で、本来は銅‐亜鉛の二元合金。銅の中に亜鉛は約38%(重量%)固溶するので、ここまでのα(アルファ)相合金は優れた展延性があり、亜鉛量が増すとともに強さを増し、合金の色は銅の赤から黄色みを増していく。このため古くから成形加工性のよい強力銅合金として30%亜鉛のものが七三(しちさん)黄銅として利用され、また、これより亜鉛の少ないものは安価な金色合金として用いられた。固溶限を超えると硬いβ(ベータ)とよばれる体心立方晶の固溶体が混じってきて、亜鉛四十数%でβ1相になるので、βの混じった硬くて強い合金で、なおαが主体のために適度の加工性のある40%亜鉛の合金が四六(しろく)黄銅として、硬さや耐摩耗性の必要なところに使われた。この七三、四六に加えて近年は、弾性材料などに、αの固溶限いっぱいに亜鉛を加えた65/35のものが「ろくご・さんご合金」とよばれてつくられている。
 38%亜鉛以下の合金には相変化はないから、焼入れ、焼戻しのような熱処理はきかないが、亜鉛は4価で銅より価電子が相当多く、広いα相の合金は加工硬化が大きいので、冷間加工で強さを得ている。さらに黄銅は、普通には加工ひずみの回復がおこるだけの低温焼なまし中に若干硬化する。この硬化はある値で飽和して軟化には転じないし、この硬化により弾性的性質は向上し、黄銅の欠点である応力腐食がおこらなくなる。
 実用される黄銅には、金ボタン、仏具、金箔(きんぱく)代用に用いられる20%以下の亜鉛のもの、深絞りなどの強加工をして利用する前記七三、弾性材の65/35、強力材の四六の各種がある。8~20%亜鉛をトンバック、3~22%のものを丹銅、四六黄銅をムンツメタルという。
 亜鉛のほかに別元素を加えたものが特殊黄銅で、スズを加えたネーバル黄銅、アドミラルティ黄銅、マンガンを加えたマンガン青銅、ケイ素を加えたシルジン青銅、アルミニウムを加えたアルブラック、鉛を加えて快削性をもたせたハードブラスなど種々の実用合金がある。
 低温焼なましをしない黄銅は、加工や鋳造の残留引張り応力があると応力腐食をおこす。また熱処理中に蒸気圧の大きい亜鉛が部材表皮から抜ける脱亜鉛がおこるので防止策が必要である。[三島良續]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おう‐どう ワウ‥【黄銅】
〘名〙 銅と亜鉛との合金の総称。金色または黄色の美しい光沢をもつ。真鍮。〔延宝八年合類節用集(1680)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐どう クヮウ‥【黄銅】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄銅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄銅の関連情報

他サービスで検索

「黄銅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.