Rakuten infoseek

辞書

黄綬褒章【おうじゅほうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黄綬褒章
おうじゅほうしょう
栄典制度」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おうじゅ‐ほうしょう〔ワウジユホウシヤウ〕【黄×綬褒章】
業務に精励し、他の人の模範となる者に授与される褒章。昭和30年(1955)制定(リボン)は黄色

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おうじゅほうしょう【黄綬褒章】
褒章の一。長い間業務に精励し、人々の模範となりうる者に黄色の綬とともに授与される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勲章・褒章がわかる事典

おうじゅほうしょう【黄綬褒章】
日本の褒章の一つ。初めは、1887年(明治20)に、臨時制定のかたちで、沿岸防衛事業に私財を献納する人に授与するとされた。これは数年間続いたが途絶え、第二次世界大戦後の1947年(昭和22)に廃止された。その後、1955年に褒章条例が改正された際、緑綬(りょくじゅ)褒章から「実業に精励して模範たるべき人」を切り離し、復活新設した黄綬褒章に当てることとなった。以後は多くの人が受章するようになり、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」では、さらに受章者数を増やす観点から、第一線で業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有している人を対象とすることになった。◇英訳名はMedal with Yellow Ribbon。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黄綬褒章
おうじゅほうしょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄綬褒章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄綬褒章の関連情報

他サービスで検索

「黄綬褒章」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.