Rakuten infoseek

辞書

黄楊/柘植【ツゲ】

デジタル大辞泉

つげ【黄楊/柘植】
ツゲ科の常緑低木。関東以西の山地に自生。葉は対生で密につき楕円形で小さく堅い。春、淡黄色の小花が群生する。材は緻密(ちみつ)で堅く(くし)・印材や将棋の駒などに用いられる。ほんつげ。朝熊(あさま)つげ。 花=春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

黄楊 (ツゲ)
学名:Buxus microphylla var.japonica
植物。ツゲ科の常緑低木・小高木,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄楊 (ツゲ)
植物。犬黄楊の別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つげ【黄楊】
〘名〙
① ツゲ科の常緑小高木。本州中部以西・四国・九州の暖地の山中に生える。石灰岩、蛇紋岩地帯に多い。高さ約三メートル。樹皮は灰白色または淡褐色。若枝は四角柱状。葉は長さ一~二・五センチメートルの倒卵形で対生。春、葉腋に淡黄緑色の雄花が数個群がってつき、その中央に一個の雌花がある。花は花弁がなく四個の萼片がある。果実は長さ約一センチメートルの広楕円形で頂端に三本の柱頭が角状に残り、熟すと三裂する。葉が密にしげって美しいので庭木や生垣とされ、材は緻密で狂いが少なく印材・定規・櫛(くし)・将棋の駒・そろばん球などに用いる。漢名、黄楊。あさまつげ。ほんつげ。つげのき。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「大唐楽器一具 〈略〉黄楊撥一枚」
② 植物「いぬつげ(犬黄楊)」の異名。〔物品識名(1809)〕
③ 江戸時代、江戸深川の岡場所で、遊女の身の回りの装飾品や髪飾りなどがさびしいことをいう。
洒落本・古契三娼(1787)「しかけやなにかのさみしいことを黄楊(ツゲ)だのといいやす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄楊/柘植」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄楊/柘植の関連情報

他サービスで検索

「黄楊/柘植」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.