Rakuten infoseek

辞書

黄巾の乱【こうきんのらん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

黄巾の乱
こうきんのらん
Huang-jin; Huang-chin
中国,後末の農民反乱黄巾標識としたためこの名がある。後漢朝も2世紀末には外戚,宦官,官僚が権力争いを繰返して政治が乱れた。地方では天災飢饉が続発し,農民反乱が絶えなくなった。鉅鹿の人張角が,みずから大賢良師と号し,罪過の反省と懺悔による病気の治癒を説いた太平道は,たちまち生活苦に迫られた農民のなかに広まり,地方の小役人も包み込んでわずか 10年余のうちに信徒数十万に達し,その範囲は華北はもちろん遠く四川にも及んだ。張角はそれらの信徒約1万を方という教団に編成し,その数 36方を数えたが,政府が弾圧をもってこれにのぞむと,中平1 (184) 年2月,を全教団に飛ばして 36方一斉に蜂起。みずから天公将軍と号し,黄巾を標識とした。張角の病後,黄巾軍は衰えたが,残党や呼応して蜂起した農民の反乱が相次ぎ,北方民族の侵入もあって,漢朝の権威はまったく衰えた。以後宮廷では宦官が権力をふるい,黄巾討伐に功のあった曹操などの武将や,董卓などの有力豪族が互いに勢力を競うことになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうきん‐の‐らん〔クワウキン‐〕【黄巾の乱】
中国で後漢末期に、張角首領となって起こした農民の反乱。184年、黄老の教えに基づく太平道を奉じ、全員が土のを示す黄色を付けて決起したが、張角の死で衰え、平定された。黄巾の賊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうきんのらん【黄巾の乱】
中国,後漢(25‐220)末の宗教反乱。黄色の頭巾をつけて目印にしたので黄巾huáng jīnとよばれた。後漢中期になると豪族が大土地所有を基盤に村落社会を支配,伝統的な村落秩序は崩壊する。天災と飢饉も頻発し,窮迫した農民は豪族に隷属し,あるいは流亡化して華北には膨大な没落農民・流民が発生した。時の政権は腐敗を極めて事態は悪化,これに抵抗した儒家・士大夫の運動も党錮の禁で挫折する。そのころ鉅鹿(河北省)の張角が〈太平道〉を創唱,罪のざんげによる療病と倫理的な生き方を説き,疫病の蔓延(まんえん)に苦しみ,村落社会から疎外された没落農民・流民を救済して,十数年間に数十万の信徒を得て各地に教団を組織した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうきんのらん【黄巾の乱】
中国、後漢末の農民反乱。太平道という新興宗教で貧窮農民の心をとらえた張角は信徒を組織して、184年に蜂起。衆徒は目印として黄巾を着用。乱は鎮定されたが、これをきっかけに群雄割拠を招来、後漢は滅亡し、三国鼎立の時代となる。 → 太平道

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

黄巾の乱
こうきんのらん
中国、後漢(ごかん)末の農民反乱。後漢代後半、豪族の大土地所有の進展につれて、多数の農民が土地を失って没落した。また外戚(がいせき)、宦官(かんがん)、党人官僚三つどもえの政争によって中央政府の機能は低下し、洪水や干魃(かんばつ)や流行病がしきりに発生した。鉅鹿(きょろく)(河北省南部)の人張角(ちょうかく)は、黄帝(こうてい)信仰や道家(どうか)学説を含む初期道教の一派である太平道(たいへいどう)を創始して、大賢良師(たいけんりょうし)と自称した。教義による呪術(じゅじゅつ)と信徒本人の懺悔(ざんげ)、反省によって病気が治るという太平道の教えは、黄河下流域の多数の貧困と病気に苦しむ農民たちをその教団に組織することに成功した。たまたま後漢霊帝(れいてい)代の184年は、60年を1周期とする干支(かんし)の最初の年、すなわち甲子の年にあたっていた。「蒼天(そうてん)すでに死せり。黄天まさに立つべし。歳は甲子に在(あ)り。天下大吉」というスローガンを掲げた張角は、この年2月、目印として互いに黄色い頭巾を着用した30余万の信徒を率いて反乱を起こした。後漢政府が党人官僚への弾圧を中止して黄巾討伐に全力をあげたこと、張角が陣中において病死したことなどにより、反乱の主流は年内に平定されたが、その余党は10年以上にわたって各地に蜂起(ほうき)しては離合集散した。武力を伴った中央における政治抗争と、行政官や将軍たちの地方割拠と絡み合いながら、黄巾の余党の活動は後漢帝国の統一政府としての実質に重大な打撃を与えた。[多田狷介]
『木村正雄著『中国古代農民叛乱の研究』(1979・東京大学出版会) ▽福井重雅著『古代中国の反乱』(教育社歴史新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうきん【黄巾】 の 乱(らん)
中国の後漢末期、張角を首領として起こった農民の反乱。黄帝老子の教えと称する太平道という一種の宗教組織のもとで困窮した農民を集め、一八四年各地の信徒数十万を蜂起させた。農民たちは黄色の布をまとって目印としたので、当時の朝廷はこれを黄巾、あるいは黄巾のと称した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄巾の乱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

黄巾の乱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.