Rakuten infoseek

辞書

麻生 健次【アソウ ケンジ】

20世紀日本人名事典

麻生 健次
アソウ ケンジ

昭和期の舞踊家



生年
大正3(1914)年

没年
昭和18(1943)年7月

出生地
大分県東飯田村(現・九重町)

学歴〔年〕
日本大学芸術科卒

経歴
在学中、東京童話劇協会で活動。日本舞踊家の花柳珠美に師事する一方で、洋舞の研究も進めた。長兄の死によって帰郷を余儀なくされるが、舞踏への志は捨てず、地元の子供たちに踊りを教え、昭和9年別府で麻生かげろう舞踊会を結成。さらに童心芸術研究会や麻生健次舞踏研究所を設立し、日本舞踊に洋舞を取り入れた独自の踊りの追求と普及に努めた。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

麻生 健次
アソウ ケンジ

職業
舞踊家

別名
初名=謙三

生年月日
大正3年

出生地
大分県 東飯田村(九重町)

学歴
日本大学芸術科卒

経歴
在学中、東京童話劇協会で活動。日本舞踊家の花柳珠美に師事する一方で、洋舞の研究も進めた。長兄の死によって帰郷を余儀なくされるが、舞踏への志は捨てず、地元の子どもたちに踊りを教え、昭和9年別府で麻生かげろう舞踊会を結成。さらに童心芸術研究会や麻生健次舞踏研究所を設立し、日本舞踊に洋舞を取り入れた独自の踊りの追求と普及に努めた。

没年月日
昭和18年 7月 (1943年)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麻生 健次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

麻生 健次の関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦第1次世界大戦グリフィス第1次世界大戦プロコフィエフイタリア映画

他サービスで検索

「麻生 健次」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.