辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

麻生久【あそう ひさし】

美術人名辞典

麻生久
社会運動家・政治家・小説家。大分県生。筆名は麻山改介。東京帝大卒。東京日日新聞記者となり、黎明会友愛会等に参加。のち全日本本鉱夫連合会を結成し、鉱山争議を指導。社会大衆党書記長。衆議院議員。昭和15年(1940)歿、50才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あそう‐ひさし〔あさふ‐〕【麻生久】
[1891~1940]政治家。大分の生まれ。社会運動家から日本労働総同盟幹部となり、のち、日本労農党を結成。衆議院議員当選後は新体制運動に参加。著「濁流に泳ぐ」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

麻生久 あそう-ひさし
1891-1940 大正-昭和時代前期の労働運動家,政治家。
明治24年5月24日生まれ。東京日日新聞記者となり,黎明(れいめい)会,友愛会などに参加。大正9年全日本鉱夫総連合会を創立し,北海道夕張炭鉱などの労働争議を指導。昭和7年社会大衆党書記長となり,11年衆議院議員(当選2回)。のち近衛文麿新体制運動に協力し,社大党を解党。昭和15年9月6日死去。50歳。大分県出身。東京帝大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あそうひさし【麻生久】
1891‐1940(明治24‐昭和15)
無産政党の指導者。大分県生れ。東京帝大法学部卒業。1918年吉野作造らの黎明会の結成に奔走。新人会に参加。翌年友愛会本部に入る。以後全日本鉱夫総連合会の結成,夕張炭鉱,足尾銅山の争議などで活躍。26年日本労農党を結成。以後中間派無産政党を率いて,32年社会大衆党の結成に参加し,書記長に就任。このころから陸軍統制派に接近。36‐37年総選挙で社会大衆党を躍進させた。日中戦争開始前後から近衛文麿に接近して,近衛新党を画策。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

あそうひさし【麻生久】
1891~1940) 労働運動家・政治家。大分県生まれ。東大卒。足尾銅山などの鉱山争議を指導。日本労農党・社会大衆党などの幹部。のち新体制運動に参加。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

麻生久
あそうひさし
[生]1891.5.24. 大分
[没]1940.9.6. 東京
社会運動家,政治家。東京帝国大学卒業後,東京日日新聞に入ったがまもなく退社,友愛会に入り出版部長に就任,社会運動家として活動に乗出した。富士紡争議,尾小屋争議,三越争議,夕張争議,足尾争議などを指導,その間たびたび投監された。 1926年右派の社会民衆党に対して日本労農党を創立し,同党中央執行委員,書記長をつとめ,以後無産政党中間派の中心的人物として日本大衆党中央執行委員長全国労農大衆党書記長,同中央執行委員長を歴任した。 32年全国労農大衆党と社会民衆党大同団結して社会大衆党が成立するや,委員長安部磯雄のもとに書記長に就任した。しかし戦時体制の強化とともに次第に親軍的色彩を強め,鈴木文治ら旧社民党グループと対立,社会大衆党は解党するにいたった。その後近衛文麿内閣の新体制準備委員に就任するなど,その政治姿勢は一貫性を欠いた。衆議院議員当選2回。伝記に刊行委員会編『麻生久伝』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

麻生久
あそうひさし
(1891―1940)
大正~昭和時代の社会運動家、政治家。明治24年5月24日大分県生まれ。東京帝国大学法学部卒業後、新聞記者となり、黎明会(れいめいかい)を組織した。友愛会に入り、日立鉱山、夕張(ゆうばり)鉱山、足尾銅山などで労働運動を指導し、1920年(大正9)全日本鉱夫総連合会を組織した。1926年日本労農党を結成し、以後無産諸政党のうち中間派のリーダーとして、日本大衆党、全国労農大衆党、社会大衆党の書記長を歴任。1933年(昭和8)ごろから徐々に親軍的傾向を強めた。1936年から代議士。のち近衛文麿(このえふみまろ)の側近グループに加わり、近衛新党結成を画策し、1940年(昭和15)には新体制準備委員となったが、まもなく同年9月6日急死した。第一次世界大戦後の社会運動の発展とともに現れた東大新人会系のリーダーであり、行動的な親分肌の人物であった。その後半生では、無産政党をファッショ化へ導くことになった。[吉見義明]
『麻生久伝記刊行会編『麻生久伝』(1958・同伝記刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麻生久」の用語解説はコトバンクが提供しています。

麻生久の関連情報

他サービスで検索

「麻生久」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.