Rakuten infoseek

辞書

麦積山石窟【ばくせきざんせっくつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

麦積山石窟
ばくせきざんせっくつ
Mai-ji-shan shi-ku
中国,甘粛省天水市の南東 45kmにある石窟寺院秦嶺山脈西端にあり,1952年に発見された。を積上げたような山の形から麦積の名称がある。石質は礫岩で,東崖と西崖に分れている。北魏西魏,北周,,明代に続営された 194の窟龕が現在知られている。東崖の涅槃窟,千仏廊,西崖の万仏洞,天堂洞,第 127洞などは北魏の開削で,塑像石像壁画などにすぐれたものがみられるが,隋,唐代にも栄えたと考えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばくせきざん‐せっくつ〔‐セキクツ〕【麦積山石窟】
中国、甘粛省天水県の南東にある麦積山に残る石窟寺院。194の石窟や磨崖仏が現存。造営代に及び、各時代の塑像・壁画・磨崖仏など多数を残す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばくせきざんせっくつ【麦積山石窟 Mài jī shān shí kū】
中国,甘粛省天水県の南東30km,秦嶺山脈の西端に位置する石灰岩の仏教石窟。高さ142mに達する,農家の麦を積みあげた形状に似る孤丘で,麦積崖ともよばれる。1952年冬に西北文化部,53年7月に麦積山勘察団が調査した。調査によると,第115号窟には,墨書による北魏宣武帝景明3年(502)の張元伯造石室一区の発願文があって最古銘文だが,《梁高僧伝》には曇弘が永初年間(420‐422)に麦積山に隠居し,玄高がここで曇弘に会ったとき,つねに学徒は300余人だったというから,5世紀初めにはすでに開掘されていたことがわかる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

麦積山石窟
ばくせきざんせっくつ
中国、甘粛(かんしゅく)省天水県の南東45キロメートルにある石窟寺院。この山の名は、麦藁(むぎわら)を積み重ねたような山容に由来するが、『高僧伝』中にもみえ、420年ごろにはすでに300人もの僧が常住していたことを伝えている。北魏(ぎ)時代に開かれた石窟や仏龕(がん)が多く、その後、西魏、北周、隋(ずい)、唐、宋(そう)と造営が続けられた。石窟は、山の南面の中央に崩壊した箇所があり、これを境にして東崖と西崖に二分される。現存の石窟と摩崖(まがい)仏は東西で194を数え、窟内には仏像や壁画、天井画が残っている。東崖では、第1号涅槃(ねはん)窟、第3号千仏廊、第4号散花楼上の七仏閣、第5号牛児堂(ぎゅうじどう)洞、第13号摩崖大仏など、西崖では、第98号摩崖大仏、第133号万仏堂(ばんぶつどう)洞、第135号天堂洞などが著名で、これらの石窟は、そそり立つ断崖に幾重にもつくられた桟道によって互いに連絡している。彫像には石像、塑像、石胎(せきたい)塑像があり、いずれも陝甘(せんかん)地域の様式を踏んだ彫りの浅い造形に特色がみえ、壁面に描かれた仏伝図など中国美術史の宝庫として注目される。[吉村 怜]
『名取洋之助著『麦積山石窟』(1979・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばくせきざん‐せっくつ ‥セキクツ【麦積山石窟】
中国、甘粛省天水県の南東、秦嶺山脈の西端にある仏教石窟。山容が積まれた麦に似ているため、この名がある。礫岩の石窟内には、塑像・壁画が多数あり、石像もある。制作年代は北魏以降で、のち宋代に大修理が行なわれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

麦積山石窟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

麦積山石窟の関連情報

関連キーワード

阿武隈高地硫黄島(鹿児島)カザン鏡泊湖コリマ[山]三角点千歳[市]ティサ[川]新潟[県]レッチワース

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.