Rakuten infoseek

辞書

鹿島【かしま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鹿島
かしま
福島県北東部,南相馬市北部の旧町域。太平洋に面する。 1898年町制。 1954年八沢村,真野村,上真野村の3村と合体。 2006年原町市,小高町と合体して南相馬市となった。かつては陸前浜街道の宿駅として発達。干拓された八沢浦では,明治まで製塩が行なわれた。真野川の沖積地は相馬米の産地として有名。海老浜にはバラ科のマルバシャリンバイ (丸葉車輪梅) が生育。夏には海水浴客でにぎわう。真野古墳群は国の史跡に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島
かしま
石川県,能登半島基部の宝達丘陵 (石動山系) と邑知潟平野中央部にかけてある中能登町東南部の旧町域。 1955年越路 (こしじ) 町と滝尾村,久江村,御祖村の3村が合体して鹿島町が発足。町名は鹿島郡の中心であることに由来。 2005年鳥屋町,鹿西町と合体して中能登町となった。中心地区の井田は,公共施設が集中している。平野部では米作が行なわれるほか,畑作も盛ん。古くから機業が盛んで,合繊織物工業が発達。南西部,富山県境の碁石ヶ峰から石動山にいたる丘陵一帯は碁石ヶ峰県立自然公園に指定。石動山天平寺跡は史跡。能登半島国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島
かしま
島根県北東部,松江市北西部の旧町域。島根半島中央部にあり,日本海に臨む。1956年恵曇町と御津村,講武村,佐太村の 3村が合体して成立。2005年松江市,島根町,美保関町,八雲村,玉湯町,宍道町,八束町の 7市町村と合体して松江市となった。恵曇,御津は県下有数の漁港で水産業の中心地。缶詰,かまぼこなどの水産加工業が盛ん。講武は茶の産地で製茶工場もある。佐太には旧暦 10月の神在月に全国の神々の宿泊所となる佐太神社があり,数多くの国指定重要文化財を社宝にもつ。同神社で行なわれる佐陀神能は国の重要無形民俗文化財で,2011年世界無形遺産に登録された。国指定史跡の佐太・講武貝塚は有名。海岸には中国電力の島根原子力発電所がある。一部は大山隠岐国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島
かしま
鹿児島県北西部,薩摩川内市西部の旧村域。下甑島北端に位置する。 1949年下甑村から分離して成立。 2004年川内市,樋脇町,入来町,東郷町,祁答院町,村,上甑村,下甑村と合体して薩摩川内市となった。主産業は漁業で,定置網や一本釣りが行なわれ,鹿児島漁港を基地としてアジ,タイ,エビなどの水揚げがある。特産にカノコユリがある。甑島県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島
かしま
(1) 初代 旧日本海軍の戦艦。 1906年イギリス竣工基準排水量1万 6000t,速力 18.5kn,主砲 12インチ (30cm) 砲4。ワシントン会議の結果廃棄。 (2) 2代 旧日本海軍の練習巡洋艦。 40年竣工。基準排水量 5890t,速力 18kn,主砲 14cm砲4。復員輸送に従事,のち解体。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かしま【鹿島】
佐賀県南部の市。有明海に臨む。ノリ養殖やミカン栽培が盛ん。もと鍋島氏支藩の城下町。祐徳稲荷(ゆうとくいなり)神社の鳥居前町。人口3.1万(2010)。
茨城県鹿嶋市の地名。→鹿嶋(かしま)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鹿島
佐賀県鹿島市にある道の駅。国道207号に沿う。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島
和歌山県日高郡みなべ町、南部(みなべ)湾口に位置する無人島。鹿島神社の神域となっている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島
山口県阿武郡阿武町、鹿島湾に浮かぶ2つの無人島、男鹿島(おがしま)、女鹿島(めがしま)の総称。「夫婦島」とも呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島
高知県幡多郡黒潮町、鹿島ケ浦の入り口付近に浮かぶ無人島。佐賀港鹿島灯台がある。タブノキ、スジダイといった照葉樹林が見られ、県の自然環境保護地域に指定されている。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島
日本海軍の戦艦。香取型戦艦の2番艦。準弩級戦艦。イギリスで建造され、1906年5月に竣工、同年8月に横須賀に到着。1921年の皇太子(のちの昭和天皇)の欧州訪問時には、遣欧艦隊旗艦をつとめた。ワシントン海軍軍縮条約により廃艦が決まり、1924年に解体された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

鹿島
正式社名「鹿島建設株式会社」。略称「鹿島」。英文社名「KAJIMA CORPORATION」。建設業。天保11年(1840)前身の「大岩」創業。昭和5年(1930)「株式会社鹿島組」設立。同22年(1947)現在の社名に変更。本社は東京都港区元赤坂。ゼネコン大手。超高層ビル・原子力発電所など最先端分野に実績。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード1812。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔福島県〕鹿島(かしま)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鹿島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鹿島の関連情報

他サービスで検索

「鹿島」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.