Rakuten infoseek

辞書

鷹匠【たかじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鷹匠
たかじょう
江戸時代,幕府諸藩に設けられた職名。幕府では若年寄の支配下にあって,飼養調練鷹狩の一切を司った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

鷹匠
タカを飼育・訓練する専門家。狩りや催しでの実演に加え、最近は害鳥駆除や追い払いもしている。かつては天皇家や徳川家、大名らに仕えてタカを調教し、狩りに随行した。現在はNPO法人の日本放鷹協会や日本鷹匠協会などが技術を伝えて認定。訓練方法や道具によって流派がある。諏訪流の鷹匠は初代小林家鷹(いえたか)が織田信長に仕えたとされ、歴代が徳川家や天皇家の鷹匠だった。諏訪流を受け継ぐ日本放鷹協会では9人が活動。
(2015-06-22 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

たか‐じょう〔‐ジヤウ〕【×鷹匠】
鷹を飼育・訓練し、鷹狩りに従うことを職とした人。鷹飼い。鷹師。 冬》
もと宮内省式部職に属し、鷹師を補佐した職員。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかじょう【鷹匠】
放鷹(ほうよう)(鷹狩)に使う鷹の飼育・訓練を担当する人,江戸幕府・諸藩の職制。放鷹の慣習の日本への伝播は4世紀の中ごろといわれているが,このさい鷹匠も専門の技術職として成立したと考えられる。江戸時代になり,鷹匠は慶長年間(1596‐1615)に幕府の職制として位置づけられ,1681年(天和1)には116名を数えた。その後生類憐みの令発布にともない漸次減少,96年(元禄9)10月廃職となった。1716年(享保1)8月徳川吉宗による放鷹制の復活により鷹匠職も復活,40名余の定員で幕末まで至る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たかじょう【鷹匠】
鷹狩りのために鷹を飼いならす人。鷹使い。鷹飼い。鷹師。鷹居たかすえ[季] 冬。
江戸幕府の職名。鷹狩りのため鷹を飼育した役。たかつかい。
明治以降、宮内省の主猟寮に属した職員。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たか‐じょう ‥ジャウ【鷹匠】
〘名〙
① 鷹を捕獲飼養する人。また、その鷹を売る人。鷹飼い。鷹すえ。
※古本説話集(1130頃か)六四「観音経変化虵身輔鷹生事」
② 朝廷、将軍家、大名などに仕えて、鷹を飼育・訓練し、鷹狩に従事した特定の人々。鷹飼い。鷹師。鷹使。→鷹狩。《季・冬》
※尺素往来(1439‐64)「鷹掌者若殿上人、不貴賤、蘇芳衫、錦帽子、付餌袋。居鷹而騎馬」
③ 宮内省主猟寮の職員。鷹師を助けるもの。判任官待遇。
※宮内省令第三号‐明治四〇年(1907)一一月一日「鷹匠は八人判任待遇とす鷹師を助く」
④ 「たかじょうずきん(鷹匠頭巾)」の略。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鷹匠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鷹匠の関連情報

他サービスで検索

「鷹匠」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.