Rakuten infoseek

辞書

鶴田【つるだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鶴田
つるだ
鹿児島県北部,さつま町北部の旧町域。川内川中流域にある。 1963年町制。 2005年薩摩町,宮之城町と合体しさつま町となる。米作のほか,ミカン栽培などが行なわれる。川内川流域県立自然公園の中心で,鶴田ダムがあり,近くには鶴田温泉,紫尾温泉などがあって湯治,保養に利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鶴田
つるだ
鹿児島県北西部、薩摩郡(さつまぐん)にあった旧町名(鶴田町(ちょう))。現在はさつま町の北部を占める。旧鶴田町は1963年(昭和38)町制施行。2005年(平成17)薩摩町、宮之城(みやのじょう)町と合併、さつま町となった。鶴田の名は中・近世の郷名に由来する。中世に渋谷(しぶや)氏、のち祁答院(けどういん)氏が支配。1601年(慶長6)から島津氏直轄で、麓(ふもと)が置かれた。川内川(せんだい)中流域の台地と山地からなり、国道267号が通る。大正期に三つの水力発電所が建設され、1964年(昭和39)には西日本一の多目的ダムとして鶴田ダムと最大発電能力13万5000キロワットの発電所が完成、電源の町として知られる。主産業は農業で、稲作、たばこ、養蚕の生産額が多いが、近年は畜産が急増している。川内川流域県立自然公園の中心をなし、西方の紫尾山麓(しびさんろく)に湯治客対象の紫尾温泉がある。[白石太良]
『『鶴田町史』(1979・鶴田町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つるた【鶴田】
[一] 青森県西部の地名。津軽平野の中央部、岩木川の中流域にある。米・リンゴの産地。
[二] 明治四年(一八七一)の廃藩置県で美作国に成立した県。同年、津山・真島の二県とともに北条県となり、同八年に岡山県に合併された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶴田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.