Rakuten infoseek

辞書

鶯笛【ウグイスブエ】

デジタル大辞泉

うぐいす‐ぶえ〔うぐひす‐〕【×鶯笛】
の鳴き声に似た音を出す玩具の。主に竹製。初音(はつね)の笛。 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鶯笛
うぐいすぶえ
短い青竹の管でつくった笛で、管の上に同じ青竹でつくった小さなウグイスをつけたものもある。指で管の両端を押さえ、その指の頭で風口の開き加減を調節しながら吹いて、ウグイスの鳴き声に似た音色を出す。古くからあった笛で、最初はウグイスの鳴き合わせの訓練用に用いられたが、のち、その形や音色の愛らしさから、子供用の玩具(がんぐ)として愛用されるようになり、梅の花の盛り時分には諸所の梅林で売られるようになった。俳諧(はいかい)では春の季語で、『犬子(えのこ)集』(1633刊)に「けふははや鶯笛もねの日かな」とある。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うぐいす‐ぶえ うぐひす‥【鶯笛】
〘名〙 鶯の鳴き声に似た音を出す、竹などで作った笛。はじめは鶯のつけ声(声ならし)に用いたが、後には小児のおもちゃとなった。初音の笛。《・春》
※俳諧・犬子集(1633)一「けふははや鶯笛もねのひ哉〈正直〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶯笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鶯笛の関連情報

他サービスで検索

「鶯笛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.