Rakuten infoseek

辞書

鳴瀬川【なるせがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鳴瀬川
なるせがわ
宮城県中西部,船形山 (1500m) 北麓に発して北流し,のち南東流して石巻湾に注ぐ全長 89km。最上流域の翁峠 (1075m) 近く,加美町魚取沼 (ゆとりぬま) はテツギョ (鉄魚) の生息地として国の天然記念物に指定。中流域は北を並行して流れる江合川とともに大崎平野形成。下流域は南郷品井沼の旧干拓地である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なるせ‐がわ〔‐がは〕【鳴瀬川】
宮城県中央部を流れる川。山形県境にある船形山の北麓にを発し、東松島市石巻湾に注ぐ。長さ89キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

なるせがわ【鳴瀬川】
宮城の日本酒。酒名は、県北部のの近くを流れる一級河川「鳴瀬川」に由来純米酒、本醸造酒、普通酒がある。原料米は主にトヨニシキ。仕込み水は奥羽山系の伏流水蔵元の「中勇酒造店」は明治39年(1906)創業。所在地は加美郡加美町南町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なるせがわ【鳴瀬川】
宮城県中部を流れる川。幹川流路延長89km,全流域面積1130km2。奥羽山脈の船形山(1500m)北麓より発して東流し,大崎平野の南西部から大松沢丘陵の北縁をまわり,鳴瀬町野蒜(のびる)で石巻湾に注ぐ。環状丘陵に囲まれて南郷沼,名鰭(なびれ)沼,品井沼などがあったが,新吉田川開削などによりその多くは干拓されて水田地帯となった。近世には中新田(なかにいだ)まで舟運があり,米の輸送が行われたほか,鍋越峠をこえて中羽前街道で大石田(山形県)の最上川舟運と結んでいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鳴瀬川
なるせがわ
宮城県の中央部を流れる川。一級河川。延長89キロメートル。流域面積1130平方キロメートル。山形県境の船形山(ふながたやま)北麓(ほくろく)に発し、大松沢丘陵の北を回って南流し、松島丘陵を横断して東松島(ひがしまつしま)市で石巻湾(いしのまきわん)に注ぐ。河川沿いは、古くは多賀城と出羽(でわ)国とを結ぶ重要な交通路であり、仙台藩時代には河口から加美(かみ)町四日市場(よっかいちば)まで舟運があり、大崎(おおさき)市三本木や加美町などの河港には本穀所や蔵などが置かれた。中流部で並行して流れる江合川(えあいがわ)の旧流路との間には、洪水時にのみ人工的に合流させる導流堤がつくられ、下流部では品井沼の排水用に鳴瀬川に並行して新吉田川を掘削するなど、有数の米作地帯を守る努力が続けられてきた。河口の野蒜(のびる)は運河によって北上(きたかみ)川の河口や松島湾と結ばれる。[境田清隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴瀬川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳴瀬川の関連情報

関連キーワード

クロールスピードスケート杉森輝大ニーマン=シュティルネマンローズ田畑真紀シェンクトラック競技帖佐寛章橋爪四郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.