Rakuten infoseek

辞書

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥【なかぬならなくまでまとうほととぎす】

大辞林 第三版

なかぬならなくまでまとうほととぎす【鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥】
機が熟するまで辛抱強く待っていよう、という意。随筆「甲子かつし夜話」に徳川家康の言葉として見える。織田信長が「鳴かぬなら殺してしまえ時鳥」、豊臣秀吉が「鳴かぬなら鳴かしてみしょう時鳥」といったのを受けた句で、信長の強引さ、秀吉の積極性に対して、家康の忍耐強さを表現した句。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.