Rakuten infoseek

辞書

鳩麦【ハトムギ】

デジタル大辞泉

はと‐むぎ【×鳩麦】
イネ科の一年草。高さ約1.5メートル。ジュズダマに似て、細長い葉が互生し、夏から秋、雌花と雄花との穂がつく。実は暗褐色の堅い鞘(さや)をもつが、指で割ることができる。種子は漢方で薏苡仁(よくいにん)といい利尿・健胃薬とする。アジア熱帯地方の原産。川穀(せんこく)。四国麦 秋》「―や昔通ひし叔父が家/子規

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はとむぎ【鳩麦】
イネ科の一年草。南アジア原産。全形はジュズダマによく似るが、実は光沢に乏しく割れやすい。子実を薏苡仁よくいにんといい、薬用・食用とし、葉は茶の代用とする。四国麦。川穀せんこく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鳩麦 (ハトムギ・ハツトムギ)
学名:Coix lacrymajobi var.mayuen
植物。イネ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はと‐むぎ【鳩麦】
〘名〙 イネ科の一年草。アジアの熱帯地方の原産で、日本へは享保年間(一七一六‐三六)に渡来したといわれ、薬用・食用として栽培される。高さ一~一・五メートル。葉は広披針形で長さ一〇~四〇センチメートル。雌雄同株。夏、梢上の葉腋に一個の花穂と数個の雄花穂をつける。雄花穂は長さ約三センチメートルの紡錘形で、下部に長さ約一センチメートルの硬い鞘に包まれた雌花穂がある。花後、暗褐色で楕円形の果実を結ぶ。中の仁は扁卵形で、食用になり、漢方では薏苡仁(よくいにん)といい利尿・鎮痛・強壮薬。漢名は川穀だが、ふつうジュズダマの漢名の薏苡をも用いる。しこくむぎ。《季・秋》
※続春夏秋冬(1906‐07)〈河東碧梧桐選〉秋「薏苡は珠数にとられて秋の風〈彩雲〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳩麦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳩麦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.