Rakuten infoseek

辞書

鳥羽屋里長【とばやりちょう】

世界大百科事典 第2版

とばやりちょう【鳥羽屋里長】
常磐津,富本清元三味線方。(1)初世(1738‐94?∥元文3‐寛政6?) 上総出身の盲人。里の都(いち)と称す。17歳で江戸の初世鳥羽屋三右衛門に師事三味線を学んで里長と名のり,1781年(天明1)富本豊前(武前)太夫脇三味線(立三味線は名見崎徳治)を勤める。83年初世常磐津兼太夫の三味線方となり,同時に一門の里桂,兵助らも常磐津に入る。《子宝三番叟》などの作曲のほか2世岸沢式佐との合作に《関の扉》《古山姥》《戻駕》などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

鳥羽屋里長
とばやりちょう
長唄(ながうた)および豊後節(ぶんごぶし)の三味線方。鳥羽屋の始祖は鳥羽屋三右衛門(さんえもん)(1712?―67)で、里長の名は7世まであるが、初世がもっとも名高く、現7世は長唄の唄方である。[林喜代弘・守谷幸則]

初世

(1738―94/95)上総(かずさ)(千葉県)生まれの盲人で里都(さとのいち)と称した。1754年(宝暦4)江戸へ出て三右衛門に学ぶ。81年(天明1)富本(とみもと)に属し、2年後に一門の里桂(りけい)兵助らと常磐津(ときわず)に転じ、初世兼太夫(かねたゆう)の三味線を弾き、『関の扉(せきのと)』『古山姥(ふるやまんば)』『戻駕(もどりかご)』などの名曲を残す。常磐津節の競争相手である富本節の作曲を行ったため、91年(寛政3)常磐津方と不和を生じて離脱、翌年には5世都一中(みやこいっちゅう)の依頼で『傾城浅間嶽(けいせいあさまがたけ)』を作曲、さらにふたたび富本に戻ったが、94年以降の消息は不明である。[林喜代弘・守谷幸則]

2世

生没年不詳。初名里桂(りけい)。盲人。初世の常磐津離脱後に故沢(ふるさわ)と改姓してそのまま残り、立(たて)三味線となった。1795年(寛政7)里を里と改めて鳥羽屋の旧姓に戻り、翌年冬に2世を襲名した。98年、一門とともに富本に移ったが、1820年(文政3)以降の消息は不明。[林喜代弘・守谷幸則]

3世

生没年不詳。常磐津三味線方初世岸沢八五郎の門弟古市。古市は2世八五郎を名のったが、一時清元に転じて清元八五郎となり、さらに1846年(弘化3)富本に移り、里長の名義を譲られて復活した。4世は4世清元斎兵衛(さいべえ)が一時名のり、5世は7世富本豊前太夫(ぶぜんだゆう)の兄が名のって長唄の三味線を弾く。そしてその妻が6世を継いだ。[林喜代弘・守谷幸則]

7世

(1936― )本名川原寿夫(としお)。長唄唄方の芳村伊千十郎(よしむらいちじゅうろう)が1974年(昭和49)に襲名した。2002年(平成14)重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。[林喜代弘・守谷幸則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥羽屋里長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥羽屋里長の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.