Rakuten infoseek

辞書

鳥毛立女屏風【トリゲリュウジョノビョウブ】

デジタル大辞泉

とりげりゅうじょのびょうぶ〔とりげリフヂヨのビヤウブ〕【鳥毛立女屏風】
正倉院に伝わる屏風の一。六扇からなり、各扇に装の婦人を一人配した樹下美人図。天平勝宝8年(756)の東大寺献物帳に記載される。頭髪・着衣・樹木などにヤマドリ羽毛が貼(は)られていたのでこの名があるが、現在はほとんど剝落(はくらく)して下図の墨線のみとなり、彩色された面貌(めんぼう)だけが当初様相をとどめている。「とりげたちおんなびょうぶ」ともいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鳥毛立女屏風(とりげりつじょのびょうぶ)
正倉院に伝わる屏風の一つ(756)。『樹下美人図』とも呼ばれる。樹下に佇む唐の装束を着た婦人を描いた、六扇からなる屏風絵。奈良、正倉院所蔵。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鳥毛立女屏風
とりげりつじょのびょうぶ
正倉院に伝わる屏風の一つ。「樹下美人図」ともよぶ。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)8年(756)の『東大寺献物(けんもつ)帳』に「六扇」と記載されているが、現在は解かれてばらばらになり、その順序はわからない。紙に白土(はくど)を地塗りした上に、墨で樹下に立つ1人の唐風美人を描き、顔など一部に彩色を施す。人物の姿態は六扇ともそれぞれ異なる。もと画面に鳥の羽毛が貼(は)られていたが、いまはほとんど剥落(はくらく)。ただし、わずかに残る羽毛は日本産ヤマドリのものといわれ、さらに一扇の下貼紙に「天平勝宝4年」の日付のあることなどからして、数少ない奈良朝絵画の遺品として貴重である。[永井信一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とりげたちおんな‐びょうぶ とりげたちをんなビャウブ【鳥毛立女屏風】
(「とりげりゅうじょびょうぶ」とも) 紙本画屏風。正倉院御物。六扇。絵は唐装の樹下美人図。白下地を行ない、おおらかで軽快な図取りの上に顔や手・そで口などを彩色し、頭髪・着衣・樹葉に日本産山鳥の羽毛をはりつけたものだが現在は剥落している。様式・画法ともに唐画の影響が強い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥毛立女屏風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鳥毛立女屏風の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.