Rakuten infoseek

辞書

【ウナ】

デジタル大辞泉

うな【×鰻】
うなぎ」の。「どん」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うなぎ【×鰻】
ウナギ目ウナギ科の魚。体は円筒形で細長く、腹びれがない。体表は粘液で覆われぬるぬるしている。夜行性。深海で産卵し、稚魚は回遊しながら柳葉状のレプトセファルス幼生期を経てシラスウナギとなり、淡水域に入って成長する。ニホンウナギヨーロッパウナギアメリカウナギオオウナギなど世界に18種が知られる。日本では、北海道以南の内湾、河川・池沼に分布。肉は脂肪に富み、美味で、特にかば焼きにして賞味。明治11年(1878)以来養殖も行われる。 夏》
ウナギ1とは分類上別目のタウナギや、円口類ヤツメウナギヌタウナギ、骨鰾類のデンキウナギ、爬虫類のエラブウナギなど、形がウナギに似た水生動物をいう。
[補説]ニホンウナギは漁獲量が激減していることから、平成25年(2013)に環境省、平成26年(2014)に国際自然保護連合(IUCN)がそれぞれ絶滅危惧ⅠB類に指定した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むなぎ【×鰻】
うなぎ」の古形
「夏痩(や)せに良しといふものそ―捕り喫(め)せ」〈・三八五三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うなぎ[映画]
今村昌平監督・脚本による映画の題名。平成9年(1997)公開。原作は吉村昭の小説「闇にひらめく」。不倫した妻を殺した中年男と、自殺未遂をした若い女の交流を描く。出演、役所広司、清水美砂、倍賞美津子ほか。第50回カンヌ国際映画祭パルムドール、第21回日本アカデミー賞最優秀監督賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

う【鰻】
「うなぎ」の略。 〔店の看板などに用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うな【鰻】
「うなぎ(鰻)」の略。 「 -どん」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うなぎ【鰻】
〔「むなぎ」の転〕
ウナギ目の魚。全長40~50センチメートルが普通だが、1メートルに達するものがある。体は細長い円筒形で、尾部は側扁し、背びれ・尾びれ・尻びれは連なる。体色は背面が暗い青褐色、腹面は白色。鱗うろこは皮下にうまり、皮膚は粘液が多い。成魚は川や湖沼にすむが、産卵・孵化ふかは海で行われる。孵化した仔魚しぎよは透明で細長く、柳葉状のレプトセファルスに成長し、変態してシラスウナギと呼ばれる稚魚となり、河川に上って成魚となる。養殖も盛ん。かば焼きとして美味。日本・台湾・中国からベトナム・フィリピンの北部にかけて分布。 [季] 夏。 → オオウナギ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むなぎ【鰻】
うなぎ」に同じ。 「 -をとると川に流るな/万葉集 3854

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

鰻 (ウナギ)
学名:Anguilla japonica
動物。ウナギ科の遡河性魚

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うな【鰻】
〘名〙 「うなぎ(鰻)」の略。
人情本・花筐(1841)初「夫(そ)んなら慈母(おっかア)、今こそ鰻(ウナ)にでも被成(おし)な」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うなぎ【鰻】
〘名〙
① ウナギ科の魚。美味で栄養価が高く、特に夏の土用の丑の日に食べる習慣がある。からだは円筒状に細長く、全長一メートルにもなる。背、尻、尾の各ひれは連続している。うろこは退化して皮下に埋没し、表皮は厚く粘液におおわれているので、すべってつかみにくい。体色はふつう暗褐色または黒褐色。産卵場はマリアナ諸島西方の北赤道海流域の中層である。卵は孵化(ふか)してまもなく、透明で扁平なヤナギの葉の形をしたレプトセファルス幼生となる。この幼生は海流に乗って約半年間漂い、岸に近づくと変態し、シラスウナギ、さらにハリウナギと呼ばれる幼魚となって河川をさかのぼる。日本各地の河川、湖沼、内湾などにすむ。北海道以南の日本各地、朝鮮半島、中国、台湾に分布するが、日本の太平洋側の北部と日本海側には少ない。静岡、愛知、三重などで養殖されている。まうなぎ。むなぎ。まむし。うな。《季・夏》 〔観智院本名義抄(1241)〕
② ウナギ属の総称。世界に一〇数種あり、ヨーロッパ、アメリカ産のものはバーミューダ諸島沖の中層が産卵場である。
[語誌](1)奈良・平安時代は「むなぎ」で、「万葉‐三八五三」の家持歌に「石麻呂(いしまろ)にわれ物申す夏痩に良しといふ物ぞ武奈伎(むなぎ)取り食せ」があって、古来鰻が栄養価の高い食品とされたことがわかる。これ以降、伝統的な和歌に詠まれることはなく、俳諧や狂言などに、庶民の食生活を描く素材として取り上げられる。
(2)調理法としては、室町時代に鮓(すし)や蒲焼が行なわれるようになり、これらを「宇治丸」と称した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おなぎ【鰻】
〘名〙 「うなぎ(鰻)」の変化した語。〔かた(1650)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むなぎ【鰻】
〘名〙 =うなぎ(鰻)
※万葉(8C後)一六・三八五三「石麻呂に吾れ物申す夏やせによしといふものそ武奈伎(ムナギ)取りめせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鰻の関連情報

他サービスで検索

「鰻」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.