Rakuten infoseek

辞書

鯉魚【りぎょ】

大辞林 第三版

りぎょ【鯉魚】
こい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

り‐ぎょ【鯉魚】
〘名〙
① 鯉(こい)のこと。
※看聞御記‐永享六年(1434)五月二七日「生鯉魚十一喉〈結樋五入之〉、未明進之。源宰相可持参也」
※大観本謡曲・綾鼓(室町末)「波の上に、鯉魚が躍る悪蛇となって」 〔孔子家語‐本姓解〕
② (夫の遠征している地からもたらされた鯉の腹中に、夫の手紙がはいっていたという「文選」に収める「古楽府‐飲馬長城窟行」の「客従遠方来、遺我双鯉魚、呼児烹鯉魚、中有尺素書」から。一説に、中国で昔は、白絹の手紙を鯉の形に結んだものともいう) 手紙の異称。〔大増補改訂や、此は便利だ(1936)〕 〔孟浩然‐送王大校書詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

り‐ぎょ【×鯉魚】
鯉(こい)のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鯉魚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鯉魚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.