Rakuten infoseek

辞書

鮎雑炊【あゆぞうすい】

日本の郷土料理がわかる辞典

あゆぞうすい【鮎雑炊】

岐阜郷土料理で、あゆを入れて作った雑炊。焼いたあゆの頭・内臓・骨をとり、ほぐした身を米が煮えたところに加え、塩・しょうゆなどで調味する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

鮎雑炊
岐阜県の長良川沿いなどに伝わる郷土料理。網焼きにしたの身の部分だけをとって軽くほぐし、鮎のアラでとった出汁醤油などで軽く味つけした鍋に入れてひと煮たちさせ、ご飯を加えて雑炊にする。最後に溶き卵を加える場合もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮎雑炊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鮎雑炊の関連情報

他サービスで検索

「鮎雑炊」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.