Rakuten infoseek

辞書

鮎川義介【あゆかわ よしすけ】

美術人名辞典

鮎川義介
実業家・政治家。山口県生。久原房之助の義兄。東大卒。芝浦製作所に入社後、戸畑鋳物を設立。久原鉱業社長に就任、同社を日本産業に改組し日産コンツェルンとして再生させた。また、関東軍の要請をうけて日産本社を満州へ移転、満州重工業開発会社に改組するが、のち帰国。戦後は中小企業助成会、中小企業政治連盟を結成、総裁となる。参議院議員。昭和42年(1967)歿、87才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

あいかわ‐よしすけ〔あいかは‐〕【鮎川義介】
[1880~1967]実業家。山口の生まれ。久原房之助の義兄。日産自動車・日立製作所などを傘下に収める、日産コンツェルンを築く。戦後は、参議院議員として政界にも進出。あゆかわぎすけ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あゆかわ‐ぎすけ〔あゆかは‐〕【鮎川義介】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

鮎川義介 あゆかわ-よしすけ
1880-1967 明治-昭和時代の実業家,政治家。
明治13年11月6日生まれ。43年戸畑鋳物を設立。義弟久原(くはら)房之助の久原鉱業をひきつぎ,昭和3年社長となり,日本産業(日産)に改組。日産自動車,日立製作所などを傘下におさめ,日産コンツェルンをきずいた。28年参議院議員(当選2回)。31年日本中小企業政治連盟を結成し,総裁。昭和42年2月13日死去。86歳。山口県出身。東京帝大卒。
【格言など】人生設計はなるべく低いところから(信条)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鮎川義介 あいかわ-よしすけ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

あいかわよしすけ【鮎川義介】
1880‐1967(明治13‐昭和42)
新興財閥日産コンツェルンの創設者,政治家。山口県出身。東京帝国大学電気工学科卒業後,芝浦製作所に一職工として入社,さらに渡米して実地に可鍛鋳鉄の製造技術を学ぶ。1910年,習得技術の企業化のため親族の援助をえて戸畑鋳物を創業。11年持株会社共立企業を設立してコンツェルン経営を実践する。大正末年義弟久原房之助(くはらふさのすけ)家の久原鉱業再建を引き受け,28年公開持株会社の日本産業株式会社(日産)に改組。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

あゆかわぎすけ【鮎川義介】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あいかわよしすけ【鮎川義介】
1880~1967) 実業家。山口県生まれ。東大卒。久原房之助の義兄。日産コンツェルンの創設者。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あゆかわよしすけ【鮎川義介】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鮎川義介
あいかわよしすけ
[生]1880.11.6. 山口
[没]1967.2.13. 東京
昭和前期の実業家,第2次世界大戦前の日産コンツェルンの創設者。父は井上馨の甥にあたる。東京大学機械工学科を卒業後,芝浦製作所に入社したがあきたらず,渡米して鋳物工場で働き,帰国後 1910年戸畑鋳物会社を設立し成功した。第1次世界大戦後中央財界に進出し,28年義弟久原房之助のあとをうけ社長として久原鉱業 (同年日本産業と改称) を経営,33年自動車製造株式会社を設立 (1934年日産自動車と改称) し,その社長となった。同年鮎川は日本産業を持株会社とし日立製作所,日産自動車,日産化学を擁する日産コンツェルンを形成した。日中戦争勃発後には満州に進出,37年日本産業 (株) を満州国法人満州重工業開発 (株) に改組,その総裁となって,日産を満州に移した。 43年勅選貴族院議員。戦後は参議院議員となり,56年中小企業政治連盟を結成しその総裁となったが,次男の選挙違反問題が起り,議員を辞職した。著書に『物の見方考へ方』 (37) ,『満業百面相』 (40) ,『鮎川義介縦横談』 (53) ,『私の人生設計』 (55) ,『百味箪笥』 (64) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮎川義介
あゆかわぎすけ
鮎川義介」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鮎川義介」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鮎川義介の関連情報

他サービスで検索

「鮎川義介」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.