Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【エリ】

デジタル大辞泉

えり【×魞/×簄】
河や湖沼・内湾で、よしずや竹垣を魚道に迷路のように張り立てて、魚を自然に誘導して捕らえる定置漁具琵琶湖のものが有名。
[補説]「魞」は国字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えり【魞】
岸から直角の方へ竹簀を並べ立てて,さらにその先端部を囲むように逆V字形に竹簀を設置した陥穽漁具。に沿って回遊する魚が〈ハリズ〉という竹の障壁にぶつかって誘導され,沖の側に設けた狭い〈ツボ〉という部分に入りこむことになるので魚偏に〈入る〉という国字が作られた。日本では琵琶湖のものが有名(図)。特定の〈えり師〉という技能集団が,冬の農閑期湖岸の各地を泊まり歩いて設置する。中国の東北部(遼寧省)に〈迷封(ミーフオン)〉という同型のものがあり,これが日本に渡来したものといわれるが,同様のものは東南アジア各国にも普遍的に見られるので,本来,遠浅海岸において自給用の魚を得るための漁法であったものと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


えり

網地のかわりに、竹や木材などでつくられた垣網(かきあみ)や簀(す)を張り立てて水産生物の通路を遮断し、囲網(かこいあみ)へ誘導する定置漁具。この漁具は、風波に対して弱いので湖沼や河川に設置される場合が多いが、海面でも風波の穏やかな内湾の浅所に設置される。垣網の長さ2~3メートルの小規模のものから、1キロメートルに及ぶ大規模なものもある。淡水域に仕掛けた場合は、簀の目が3ミリメートル以下のものは、エビや小アユなどを漁獲し、15ミリメートル以上のものはコイ、フナ、ウナギなどを漁獲する。内湾では、アジ、イワシ、サバ、エビなどを漁獲する。日本では、琵琶(びわ)湖の魞漁が有名である。フィリピン、タイなど東南アジアの沿岸では盛んであり、マグロ、カツオ、アジ、サバ、イワシやタイ類などを対象としている。

[吉原喜好]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.