Rakuten infoseek

辞書

魚梁瀬【ヤナセ】

デジタル大辞泉

やなせ【魚梁瀬】
高知県東部、安芸(あき)郡馬路(うまじ)村北東部の地区名。奈半利(なはり)川上流に位置し、秋田杉吉野杉とならんで「魚梁瀬」の名で美林地域として知られる。中でも、千本山(標高1084メートル)中腹には樹齢300年近い、平均樹高40メートルの巨木が繁茂している。魚梁瀬国有林となっており、学術参考保護林に指定されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やなせ【魚梁瀬】
高知県安芸郡馬路村北部にある集落奈半利(なはり)川上流域は年間4000mm近い降水量と温暖な気候に恵まれ,古くから〈魚梁瀬杉〉と呼ばれる形質優良な杉の自生地として知られ,江戸時代には土佐藩は御留山として保護・統制を加えた。とくに集落北方約10kmにある千本山(1084m)は土佐十宝山の随一と称された。樹齢200年以上,樹高平均40mに達する天然杉が生育し,仰ぎ見たきこりがあまりの高さに鉢巻を落としたという〈鉢巻落し〉や夫婦杉などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

魚梁瀬
やなせ
高知県東部、安芸(あき)郡馬路(うまじ)村の北部の地区。奈半利(なはり)川上流に位置し、一帯は温暖な気候と年間4000ミリメートルを超える降水量により良質のスギが自生し、魚梁瀬杉として知られ、土佐藩政期には御留山(おとめやま)として保護された。なかでも千本(せんぼん)山中腹には樹齢200年以上、平均樹高40メートルの杉の美林が形成され、学術保護林に指定されている。かつては木材を河口の奈半利、田野へ森林軌道で搬出したが、現在はトラック輸送にかわった。1965年(昭和40)下流側に魚梁瀬ダムが建設され、集落は湖底に水没し丸山台に新しい町が建設された。地名は、平家の落人(おちゅうど)がしかけた簗(やな)が流され、その存在を知られたという伝説によるという。[正木久仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚梁瀬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魚梁瀬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.