Rakuten infoseek

辞書

魚子【ななこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

魚子
ななこ
斜子,魚々子七子などとも書く。 (1) 彫金技法の一種先端が小さな円筒状につくられた (たがね) を用い,金属面に粟大の細粒を密に打込んで地とし,主文様を浮き出させたもの。作例は白鳳時代からあり,奈良時代以降盛んになった。 (2) 絹織物の一種。経糸,緯糸の2ないし数本を1単位として平織に織ったもの。魚子織とも呼び,京都,川島 (岐阜) ,桐生などで生産される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なな‐こ【魚子/×魶子/斜子/七子】
《「魚(な)の子」ので、魚卵の粒がつながっている形から》
彫金技法の一。先端が小円になった鏨(たがね)を打ちこみ、金属の表面に細かい粒が密に置かれたようにみせるもの。一般に地文として用いる。ササン朝ペルシアから中国を経て奈良時代に日本に伝わった。
魚子織り」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魚子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魚子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.