Rakuten infoseek

辞書

【コン】

デジタル大辞泉

こん【魂】
こころ。精神。
「詩は我―を動せども」〈鴎外訳・即興詩人
人の肉体に宿る精気。たましい。霊魂。特に陽のたましいをいう。→魄(はく)
「―は善所におもむけども、魄は、修羅道に残ってしばし苦しみを受くるなり」〈謡・朝長

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん【魂】[漢字項目]
常用漢字] [音]コン(呉)(漢) [訓]たましい たま
〈コン〉
人体に宿るたましい。「魂魄(こんぱく)英魂招魂鎮魂亡魂霊魂
こころ。「魂胆詩魂商魂心魂身魂精魂闘魂
〈たましい(だましい)〉「面魂大和魂
[名のり]もと
[難読]魂消(たまげ)る和魂(にぎたま)人魂(ひとだま)蜀魂(ほととぎす)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たましい〔たましひ〕【魂/×魄】
生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。古来、肉体を離れても存在し、不滅のものと信じられてきた。霊魂。たま。「―が抜けたようになる」「仏作って―入れず」
心の活力。精神。気力。「仕事に―を打ち込む」
それなしではそのものがありえないくらい大事なもの。「刀は武士の―、鏡は女の―」
(多く「…だましい」の形で)そのもののもつ固有の精神。また、気構え。「大和(やまと)―」「負けじ―」
思慮。分別。
「いみじう―おはすとぞ世人に思はれ給へりし」〈大鏡・道隆〉
素質。天分。才気。
「筆とる道と、碁うつこととぞ、あやしう―のほど見ゆるを」〈・絵合〉
《武士の魂とされるところから》刀。
「わが夫(つま)のこの―、婿引出(ひきで)に」〈浄・彦山権現

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だましい〔だましひ〕【魂/×魄】
たましい(魂)4」に同じ。「大和―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こん【魂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たましい【魂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こん【魂】
たましい。特に、陽の気に属して精神をつかさどるとされる。 -は冥途めいどにござれども、魄はこの世にとどまつて/狂言・武悪はく
こころ。 しんは傷み、-は驚くと雖も/金色夜叉 紅葉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たましい【魂】
人の肉体に宿り、生命を保ち、心の働きをつかさどると考えられているもの。肉体から離れても存在し、死後も不滅で祖霊を経て神霊になるとされる。霊魂。また、自然界の万物にやどり、霊的な働きをすると考えられているものを含めていう場合もある。 → たま
気力。精神。心。 -を打ち込む -を込めた作品
他の名詞の下に付けて、そのものに特有の精神の在り方を表す。多く「だましい」と濁る。 大和やまと 船乗り-
霊の宿る大切な品物。 鏡は女の-だ
精進髷しようじんまげに同じ。
天分。素質。 筆とる道と碁うつこととぞ、あやしう-のほど見ゆるを/源氏 絵合
思慮。才略。 御舅たちの-深く/大鏡 師輔

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こん【魂】
〘名〙
① 人の肉体にやどる精気。たましい。霊魂。特に、陽に属するたましいをいう。陰のたましいである「魄」と対で用いることが多い。
※車屋本謡曲・朝長(1432頃)「魂は善所におもむけども、魄は修羅道に残って、しばしくるしみをうくる也」 〔春秋左伝‐昭公七年〕
② こころ。精神。
※本朝麗藻(1010か)下・贈心公古調詩〈具平親王〉「形㒵猶在目、恋慕幾動魂」
※金色夜叉(1897‐98)〈尾崎紅葉〉続「其の余波(なごり)は今も轟く胸の内に痛(したた)か思回して、又空く神(しん)は傷み、魂(コン)は驚くと雖も我や怒る可き」 〔呂氏春秋‐禁塞〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たませえ【魂】
〘名〙 「たましい(魂)」の変化した語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「魂(タマセヘ)の哥とはき違(ちげへ)た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


たましい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.