Rakuten infoseek

辞書

【カイ】

デジタル大辞泉

かい〔クワイ〕【×魁】
かしら。頭領。首領。
他に先んじること。また、そのもの。さきがけ。
「伊太利国を以て絃歌の―となす」〈織田訳・花柳春話
古代中国の杓子(しゃくし)の一種

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい【魁】[漢字項目]
人名用漢字] [音]カイ(クヮイ)(漢) [訓]さきがけ
かしら。首領。「魁首巨魁首魁
堂々として大きい。「魁偉魁傑
北斗七星の第一星。「魁星
[名のり]いさお・いさむ・つとむ
[難読]花魁(おいらん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かい【魁】
さきがけ。先鞭せんべん時代の-となす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい クヮイ【魁】
〘名〙
① 人の長となる人。かしら。首長。首魁。〔書経‐胤征〕
② 他の者の先頭を行くこと。また、その者。さきがけ。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「大日本国中、神々仏々、大と没く小と没く、霊を屈して来たり仰ぐ殆ど虚月無し。今其魁為る者を算れば、嵯峨の釈迦、成田の不動〈略〉此れ等是也」 〔漢書‐游侠伝序〕
③ 北斗七星の内の箱形をつくっている四星。大熊座のα(アルファ)β(ベータ)γ(ガンマ)δ(デルタ)をいう。
※和漢三才図会(1712)一「北斗。第一至四、名魁」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

魁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.