Rakuten infoseek

辞書

鬼門【きもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鬼門
きもん
Gui-men
方角に関するタブー一種。中国の陰陽五行説その他の思想が組合わさり,万が出入りするとして忌み嫌われた方角,すなわち東北 (〈うしとら〉) をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐もん【鬼門】
陰陽道(おんようどう)で、邪悪な鬼が出入りするとして万事に忌み嫌われた艮(うしとら)(北東)の方角。また、その方角にあたる場所。
行くと悪いことに出あう場所。また、苦手な人物や事柄。「あそこの家はどうも鬼門だ」「数学は鬼門だ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

鬼門
古来より恐れられてい方位丑寅(北東)方位を表鬼門未申南西)方位を裏鬼門という。昔から都市づくりなどに応用され、平安京では、丑寅の表鬼門に比叡山延暦寺を鬼門封じの役割の為に設立した。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きもん【鬼門】
陰陽道(おんみようどう)でもっとも悪いとされる丑寅(うしとら)(艮)すなわち北東のをいう。これを表鬼門とし,また,その正反対の未申(ひつじさる)(坤)すなわち南西方も裏鬼門として忌み嫌った。ことに大工はいまでもこの方角への建築を忌み,とくに屋敷内の鬼門に当たる方角に便所,玄関,風呂場などを造るのはよくないなどという。その他,鬼門に建物を建てるとよくないとか,鬼門の方と縁組をすると死ぬ,鬼門に当たる木を伐ると死ぬなどという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きもん【鬼門】
陰陽道おんようどうで、鬼が出入りするとされる、不吉な方角。艮うしとら(東北)の方角。 -にあたる
俗に、行くとろくな目にあわない所。また、苦手とする人物や事柄。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

きもん【鬼門】
陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)で、鬼が出入りするとして忌(い)み嫌われた、艮(うしとら)(北東)の方角。家相では、出入り口や便所を作ってはいけないとされる。◇「鬼方(きほう)」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

鬼門
きもん
丑寅(うしとら)すなわち北東の隅にあたる方角をいう。陰陽師(おんみょうじ)がいい始めたことで、この方角は鬼が出入りし集まる所といい、これを犯すことを忌んだ。中国から移入された説であるが、東方朔(とうぼうさく)の『神異経(しんいけい)』などによると神荼(じんだ)、鬱壘(うつるい)の2悪神がいる方角が鬼門だとある。わが国へは平安時代に鬼門説が移入されたと思われるが、正確な文献が見当たらない。桓武(かんむ)天皇が王城を平安京に移したとき、鬼門除(よ)けとして比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)を建立したというが、それはのちになってからの説のようである。はっきりわかっているのは『吾妻鏡(あづまかがみ)』嘉禎(かてい)元年(1235)正月の条に、五大堂建立の地が幕府の鬼門にあたっているとの記載である。江戸城に対しても同様の理由から東叡山寛永寺を建立したという。今日においても、一般民家の建築に鬼門に対する警戒がみられ、この方角に便所や浴室を設けることを避けている。鬼門除けと称して、この方角に稲荷(いなり)などを屋敷神として祀(まつ)ることが広く行われている。鬼門に対する俗信はきわめて多い。鬼門に向けて家を建てるなとか、この方角に出入口を設けたり、家の出っ張った所をつくるなという。これを犯すと病人や災難が絶えない、また分家を鬼門の方に出すと本家が成りたたぬともいう。鬼門の方角に常緑樹とくにエンジュの木を植えておくとよいという。鬼門と正反対の方角すなわち未申(ひつじさる)(南西)の方角を裏鬼門または病門(びょうもん)といい、鬼門と同様に忌み警戒されている。[大藤時彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐もん【鬼門】
〘名〙 (鬼の出入りする門の意)
① 艮(うしとら)、すなわち北東の方角。また、その方角にあたる所。陰陽道で、陰悪の気が集まり、百鬼が出入りするという。鬼方(きほう)
※叡岳要記(鎌倉中)上「東塔縁起云〈略〉廃長岡京、遷平安城之時、雲峯峙帝都之丑寅、嵐径成鬼門之凶害
※平家(13C前)二「叡岳も、帝都の鬼門に峙ちて、護国の霊地也」 〔神異経‐北荒経〕
② 行くのがいやな所。一般的に、その人にとって、いやな、にが手な人・場所・事柄についてもいう。
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「関札のかすみや春をしらすらん 鬼門にあたる鶯の声〈三昌〉」
※蠢く者(1924)〈葛西善蔵〉「あの九月一日の地震当時の思ひ出━鬼門々々、あれが一切の破壊者だったのだ」
[語誌](1)①は挙例のように既に中国の書物に見える。
(2)陰陽道では、鬼門には陰悪の気が宿り、百鬼が出入りするという考えから、出行や修造などでは常にこの方角に注意を払った。このような鬼門の方向を忌む信仰は、九世紀あたりには見えるが、殊に盛んになったのは院政期であった。
(3)方位の四隅のうち、鬼門の他は北西を天門、南東を地門、南西を人門とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鬼門の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.