Rakuten infoseek

辞書

鬼瓦【おにがわら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

鬼瓦
おにがわら
瓦ぶき建物の大棟 (おおむね) 両端降棟 (くだりむね) 先端につける装飾奈良時代以降鬼面をつけたものが多いのでこの名がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

鬼瓦
屋根の一番高い棟の両端を飾る瓦で、棟飾瓦ともいう。角や牙のある立体的な鬼の面から人、亀、竜、魚、平たい文様など様々なものがある。板状粘土型紙を載せ、へらで形を整えて焼いてつくる。その職人は鬼板師や鬼師と呼ばれる。
(2010-07-17 朝日新聞 朝刊 名古屋 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

おに‐がわら〔‐がはら〕【鬼瓦】
大棟(おおむね)降(くだ)り棟の端に飾る瓦。獣面のほか蓮華文(れんげもん)などがあり、鬼面がなくてもいう。
[補説]狂言の曲名別項。→鬼瓦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おにがわら【鬼瓦】[狂言]
狂言。都に出てきた大名が訴訟に勝って因幡(いなば)堂お礼参りに行ったとき、鬼瓦を見て国もとの妻の顔を思い出して泣くが、太郎冠者に慰められて、笑う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

鬼瓦
 屋根のもっとも高いところの端につける、鬼の顔をかたどった瓦のことです。鬼の顔がなくても、鬼瓦と言います。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おにがわら【鬼瓦】
建物の大棟や降り棟の端(はな)を飾る瓦。このため,棟端飾板の名もある。8世紀以降,建物の安穏を祈り鬼面を飾ったものが主として用いられたため,鬼瓦の名称が一般的で,鬼板とも呼ぶが,7世紀代には蓮華文で飾った。日本最古の鬼瓦は法隆寺若草伽藍のもので,複数の単弁8弁蓮華文を焼成前に彫刻している。文様構成は百済時代のものに似る。8世紀から13世紀までの鬼瓦は,まだ半肉彫風で立体感に乏しい。角をもった鬼は14世紀以降に広まるが,10世紀半ばにもわずかながら見受けられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おにがわら【鬼瓦】
棟の端はなに取り付ける飾りの瓦。奈良時代には一般に蓮華文が用いられたが、八世紀以降獣面・鬼面へと変化した。今日では鬼面以外のさまざまの意匠も用いられる。
いかつくてこわい顔。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おにがわら【鬼瓦】
狂言の一。帰国する大名が因幡いなば堂へ参詣さんけいし、お堂の鬼瓦を見て国に残してきた妻を思い出して泣くが、太郎冠者が慰めてふたりで笑い合う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

おにがわら【鬼瓦】
の一種。屋根の棟(むね)の端に取り付ける飾り瓦。鬼面の形がよく知られ、厄災よけとする。そのほか州浜(すはま)を意匠化したもの、「蔓若葉」と呼ばれる植物を意匠化したもの、「海津(かいづ)」と呼ばれるかまぼこ形のものなどがある。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おに‐がわら ‥がはら【鬼瓦】
[1] 〘名〙
① 屋根の棟(むね)のはしに置く大きな瓦。昔は魔よけのために鬼の面をかたどったものを用いたが、今はいろいろな意匠のものがある。大棟では両端に用い、降棟(くだりむね)、隅棟などでは一端に用いる。
※虎明本狂言・鬼瓦(室町末‐近世初)「『いやあの屋根にある物は何ぞ』『あれはおにがはらといふ物でござる』」
② こわく醜い顔。
※雑俳・軽口頓作(1709)「あるものじゃ・よい衆の奥に鬼がはら」
③ 紋所の名。
[2] 狂言。各流。在京中の某が訴訟もかなって帰国することになり、暇乞いに太郎冠者を伴って因幡堂参詣に行く。そして、屋根の鬼瓦を見て女房の顔にそっくりだと思い出して泣くが、もう間もなく会えると太郎冠者にいわれて、主従二人で笑う。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼瓦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

鬼瓦の関連情報

他サービスで検索

「鬼瓦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.