Rakuten infoseek

辞書

【まげ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


まげ
日本髪を束ねて折り曲げた部分のこと。日本髪を構成する四要素の一つで,前髪 (びん) ,髱 (たぼ) に囲まれた中心に位置し日本髪の美しさを象徴する。女性では丸髷島田髷兵庫髷などと形に工夫が凝らされた。男性の場合でも本多髷 (成人の一般的な形) ,若衆髷などがあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まげ【×髷】
髪を頭頂に束ね、髻(もとどり)を結ったものを折り返したり曲げたりした部分。また、そのような髪形全体をさす。関西では「わげ」という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わげ【×髷】
上方で)髷(まげ)をいう語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まげ【髷】
髪を結う場合の最も基本的な形で,長い髪を頭上にまとめて1ヵ所でたばね,その上部を種々の形にたたんだり折り曲げたりする部分をいう。いわゆる日本髪は鬢(びん),髱(たぼ),前髪,髷から成り,髪全体をこの四つに分け,中心の髷にそれぞれの毛先を集めて結い上げる。桃山時代に女性の髪形が男性の髪形の影響を受けて頭上に結び上げる形になると,江戸時代を通じてさまざまな技巧がこらされ,髷が結髪の中心となり兵庫髷,大島田,奴(やつこ)島田などの島田髷,勝山髷,笄(こうがいまげ)その他,華やかな髪形が数多くつくり出された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まげ【髷】
髪を頭頂で束ねて、折り返したり、曲げたりした部分。また、そのような部分をもつ髪形全体。わげ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わげ【髷】
まげ(髷)に同じ。主に上方かみがたでの称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


まげ
日本髪の部分。日本髪をつくるうえでもっとも重要で、美しさを表す部分といえる。下げ髪の時代には、このような美しさはなかったが、江戸時代に入って、前髪をとり、左右の鬢(びん)をとり、さらに背後に髱(たぼ)を出し、それらの頭髪を一つにまとめあげて、百会(ひゃくえ)(脳天)の上に独自な髪形をつくるのが髷である。この髷の部分のよしあしが女性の髪形の生命である。髷が複雑化し、これに櫛(くし)、笄(こうがい)、かんざしなど髪飾りがいろいろに用いられて、日本髪はさらに美しくなり、幕末から1877年(明治10)ごろにかけて、その数280余種となった。1885年以降、その髷の美しさも、不経済、不衛生、安眠がとれないという欠点から西洋の束髪に押され、大正を最後に、髷を結う人は少なくなっていった。[遠藤 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まげ【髷】
〘名〙 男女の髪を頂にたばね、髻(もとどり)を結った上部を後方へ折り曲げ、さらに前方へ折り曲げた部分。転じて、たばねて結った髪。わげ。〔物類称呼(1775)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わげ【髷】
〘名〙 (動詞「わげる(綰)」の連用形の名詞化)
① 上方で、髪を髻(もとどり)で束ね、その余りをたわめ曲げて結んだものをいう。まげ。
※俳諧・犬子集(1633)一一「兵庫のものよ只御免なれ けがをして行女房の髪のわげ」
② 島田髷・勝山髷など、結いあげた髪全体を称していう。
※洒落本・色深睡夢(1826)上「かみはわげにゆひて、たいまいの櫛笄」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

髷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.