Rakuten infoseek

辞書

髪置【かみおき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

髪置
かみおき
幼児が頭髪を剃ることをやめて伸ばしはじめるときの儀式髪立櫛置などともいう。平安時代末期から行われた。綿帽子白髪になぞらえた白糸などを頭上に置いて祝う。公家では2歳で,武家では3歳の 11月 15日にこれを行い,5~6歳になると髪削 (かみそぎ) ,深曾木 (ふかそぎ) といって将来の生髪を祝う儀式を行う習慣があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみおき【髪置】
男女の3歳児に,それまで髪をそっていたのをやめて,のばしはじめる儀礼。カミタレ,カミヨケ,カミタテなどともいう。髪置の儀は,鎌倉時代から室町,江戸時代まで行われ,公家では2歳,武家では3歳の11月15日に多くは行われた。庶民の間でも2~3歳にカミオキの祝いといって,11月15日に産婆や近隣を招いて,頭の頂上を円形にそったり,両耳のはしに垂れ髪を残す儀礼が大正時代まで行われており,うどん,そば,すし,甘酒などをご馳走し,産土神へまいった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

髪置
かみおき
普通、七五三とよばれている子供のお祝いのうち、3歳の祝いを髪置祝いとか、カミタテ祝いなどとよぶ。櫛(くし)置き祝いという地方もある。子供の頭髪の変化を3歳の祝いの名称としているのは、国内でも関東地方、九州の一部などに聞かれる。赤子から子供になる意味で、髪を長く伸ばし始める日であると、埼玉県の川越(かわごえ)地方ではいっている。この日には、子供には親戚(しんせき)や知己から、祝い品として布裂(きれ)や下駄(げた)などが贈られる。この祝いは女児の場合に多かった。新しい着物を整えて、氏神参りをしたという。しかし実際にはこの名称は多くの地で忘れられている。[丸山久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かみ‐おき【髪置】
〘名〙
幼児が頭髪を初めてのばす時にする儀式。江戸時代、公家は二歳、武家・民間では三歳の一一月一五日にすることが多かったが、必ずしも一定していない。小笠原流では白髪をかぶせ、頂におしろいの粉を付け、櫛(くし)で左右の鬢(びん)を三度かきなでて無病長寿を祈るのを例とした。現在でも男子の袴着、女子の帯解とともに「七五三の祝い」として残されている。髪立て。《季・冬》
※看聞御記‐応永二九年(1422)一二月三日「姫宮〈予第三宮〉御髪置有祝着之儀、芝殿役之、殊更三觴祝着如例」
② 江戸時代、僧侶が伊勢参詣をする時、付け鬢(びん)をしたこと。
雑俳柳多留‐二五(1794)「伊勢で髪おき高縄では袖とめ」
唐衣(からぎぬ)の襟の中央背面で垂髪(すいはつ)のあたる部分。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

髪置」の用語解説はコトバンクが提供しています。

髪置の関連情報

他サービスで検索

「髪置」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.