Rakuten infoseek

辞書

髪結床【かみゆいどこ】

世界大百科事典 第2版

かみゆいどこ【髪結床】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かみい‐どこ【髪結床】
〘名〙 「かみゆいどこ(髪結床)」の変化した語。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「湯の行(い)き返りや髪結所(カミイドコ)あたりにぶらついて居て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かみゆい‐どこ かみゆひ‥【髪結床】
〘名〙
① 江戸時代、男の髪を結い、髭(ひげ)、月代(さかやき)などを剃る業。昔は結い賃が一銭だったことから一銭床ともいった。橋詰や河岸の空地などに床店を出す出床(でどこ)と、町屋に借家して営業する内床(うちどこ)がある。かみいどこ。髪結屋。髪床。床。浮世床。
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)下「かかる所へ西橋詰の髪結床(ドコ)より、さばき髪のわかい者、楊枝くはへて来りしが」
② 理髪店。床屋(とこや)
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「男子頭髪を巻縮せしむるに烙鉄を用ゐると聞きしが、果して梳髪店(カミユヒドコ)に於て之をなすものあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

髪結床」の用語解説はコトバンクが提供しています。

髪結床の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.