Rakuten infoseek

辞書

高麗笛【こまぶえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高麗笛
こまぶえ
日本の雅楽気鳴楽器高麗楽(狛楽)に用いる竹製の横笛。狛笛とも書く。別名伎横笛(くれのよこぶえ),細笛(ほそぶえ)。全長約 36cm。6指孔。孔名は低いほうから,干(かん),五(ご),上(じょう),夕(しゃく),中(ちゅう),六(ろく)。音域は,嬰ニからその 2オクターブ上のホまでであるが,筒音の嬰ニは用いない。竜笛に似ているが,より細く短く,指使いは同じで音高がそれぞれ長2度高い。音色はより優美繊細で哀調を含む。東遊にも用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こま‐ぶえ【高麗笛/×狛笛】
雅楽に用いる楽器の一つで、竹製の横笛。長さ約36センチ、内径約1センチ。指孔6個で、鋭く高い音を出す。高麗楽や東遊(あずまあそ)びに用いる。細笛(ほそぶえ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高麗笛
こまぶえ
雅楽のうち、高麗楽(こまがく)(右方(うほう))および東遊(あずまあそび)に用いる横笛。「狛(こま)笛」「細(ほそ)笛」ともいい、全長約36.5センチメートル、直径約0.9センチメートル、雅楽の3種の笛のうちもっとも細く短い。頭端は右方の楽を示す緑の錦(にしき)で包まれる。指孔は神楽(かぐら)笛と同じく6孔で、管尾から干(かん)・五(ご)(じょう)・夕(しゃく)・中(ちゅう)・六(ろく)と称す。音高は神楽笛より長3度、竜笛(りゅうてき)より長2度高い。柔らかな低音域の「和(ふくら)」の音と、それよりオクターブ高い「責(せめ)」の鋭い音とがあり、篳篥(ひちりき)とほぼ同じ旋律を装飾音を混じえて奏す。元来は百済(くだら)楽の笛で、楢(なら)笛と称して奈良の楽人(狛姓の帰化人)に使われていたものを、鳥羽(とば)天皇(在位1107~23)のころこれを大きくした太笛(いまの神楽笛)がつくられたのと区別して、細笛、狛笛と称するようになったという。[橋本曜子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高麗笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高麗笛の関連情報

他サービスで検索

「高麗笛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.