Rakuten infoseek

辞書

高麗楽【こまがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高麗楽
こまがく
雅楽の一部門。飛鳥時代から平安時代初期にかけて日本に伝来した朝鮮の合奏音楽。「狛楽」とも書く。おそらく,日本への外来音楽の伝来の最初のものと考えられ,新羅,百済,高句麗の三国から前後して伝来したので,当時の音楽をさすときには,三韓楽ともいうが,正しくは三国楽というべきもの。そのうち,高句麗の音楽のみを特に,高麗楽という場合もある。また8世紀には,渤海からも音楽が伝わったとされており,その渤海楽を含めていうこともある。伝来当時はその系統により特有の楽器,音楽,舞であったが,平安時代中期にそれらの日本化したものを統一して高麗楽 (右方) とし,中国系の唐楽 (左方) と対比させた。現行の高麗楽は 24曲で,すべて舞を伴う。伴奏楽器は管楽器高麗笛,篳篥 (ひちりき) と打楽器の三の鼓,鉦鼓,太鼓で,管弦として演奏されることがほとんどないので,弦楽器はあまり用いない。楽曲は,高麗壱越 (いちこつ) 調,高麗平調 (ひょうぢょう) ,高麗双調 (そうぢょう) のいわゆる高麗三調子のいずれかに属す。高麗楽は,元来,舞楽を主体として伝承されてきたもので,優美な文の舞 (4人あるいは6人) 『延喜楽』など,可憐な童舞 (4,2,1人の場合がある) 『胡蝶』,躍動的な走舞『納曾利 (なそり) 』 (2,1人) などに分類され,舞姿の似た左方の舞と組合わされ,番舞 (つがいまい) として奏演される場合が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こま‐がく【高麗楽/×狛楽】
三韓楽の一。高句麗(こうくり)楽舞で、7世紀以前に日本に伝来。楽器は高麗笛・臥箜篌(ふせく)・莫目(まくも)を用いた。
雅楽の分類の一。平安初期の楽制改革で、従来の三韓楽と渤海(ぼっかい)楽を合わせて成立。篳篥(ひちりき)高麗笛三の鼓太鼓鉦鼓(しょうこ)を伴奏楽器とし、舞を伴う。右楽(うがく)。→唐楽

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こまがく【高麗楽】
日本に定着した朝鮮系統の楽舞で,雅楽の主要種目の一つ。通常は唐楽に対する語として用い,狛楽とも記す。元来は古代の日本に伝来した大陸系諸楽舞のうち,高句麗からのものを高麗楽と称した。この高麗楽は,新羅楽・百済楽とあわせて三韓楽と総称され,現行の高麗楽の母体となったものである。高句麗直伝を意味する〈高麗楽〉の用例は,雅楽寮の記事に多くみられる。それによると使用楽器は横笛,莫牟(まくも)(管楽器の一種),箜篌(くご),鼓などであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こまがく【高麗楽】
右方うほう高麗楽に同じ。
古代日本に高句麗こうくりから伝来した楽舞。新羅楽しらぎがく・百済楽くだらがくとともに三韓楽と呼ばれた。のちにに編入。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

高麗楽
こまがく
狛楽とも書く。大陸系の雅楽のうち、中国系の唐楽に対する朝鮮系のもの。唐楽は左方(さほう)の楽、高麗楽は右方(うほう)の楽といい、両者は楽器編成、舞作法、音楽理論など万事にわたって好対照をなす。「番舞(つがいまい)の制」と称し、両者の舞を交互に披露する制もある。高麗楽上演にあたっては、楽器、楽人、舞人楽屋ともに舞台右方に配置され、装束は緑・青系統に統一される。
 楽器は高麗笛、篳篥(ひちりき)と太鼓、鉦鼓(しょうこ)、三ノ鼓(つづみ)で、合奏を主導するのは明確なリズムを奏する三ノ鼓。曲は高麗笛と篳篥が比較的断片的な旋律を反復してなる。調子は高麗壱越調(いちこつちょう)・同平調(ひょうじょう)・同双調(そうじょう)の3種だが、高麗笛が竜笛より短いため、唐楽における同名の調子よりそれぞれ長2度ずつ高い。拍子は高麗四拍子・唐(から)拍子・揚(あげ)拍子の3種で、唐楽に比して簡素で力強い。
 元来、「三韓楽(さんかんがく)」と称する新羅(しらぎ)・百済(くだら)・高句麗(こうくり)のものを称したが、平安中期に大規模な楽制改革が行われて、朝鮮伝来の三韓楽を母体に、唐の俗楽や、胡楽(こがく)、渤海楽(ぼっかいがく)、その他日本で作曲作舞されたものが整理統合され、左方唐楽に対する右方高麗楽として再編成された。以後これが現在まで継承される。「管絃(かんげん)」の演奏形式もあったが廃絶し、現在では舞楽のみ。『胡蝶(こちょう)』『納曽利(なそり)』『八仙』など約25曲ある。なお、三韓楽の一つとしての高麗楽は天武(てんむ)天皇12年(683)正月18日、新羅楽・百済楽とともに初演され、雅楽寮で教習されたとの記録もあるが、その音楽内容は不明である。[橋本曜子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高麗楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高麗楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.