Rakuten infoseek

辞書

高音【たかね】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

高音
たかね
日本音楽の用語。新内節の上調子 (うわぢょうし) の三味線のこと。大間本調子の地の三味線に対し,二上り調弦し地の音の間に装飾的にからむ一種替手 (かえて) 。高い音色をきわだたせるため,非常に小型の (ばち) を用い,小ようじの先で弾く場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐おん〔カウ‐〕【高音】
高い調子の音。
音楽で、高い音域。「スピーカーの高音がひずむ」⇔低音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たか‐ね【高音】
鳥の鳴き声や音楽の調子の高いこと。「鶯の高音
高低2種の三味線の合奏で高い音のほう。上調子(うわぢょうし)。
能管一節切(ひとよぎり)・尺八などの曲名節名。高音域で始まる曲が多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たかね【高音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうおん【高音】
高い音。 ⇔ 低音
大きな声。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たかね【高音】
音楽や鳴き声などの高い音。
清元・新内などで、三味線の高低の合奏のうち、高い方。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐おん カウ‥【高音】
〘名〙
① 高い調子の音。音響学的には振動数の多い音。〔運歩色葉(1548)〕
※木精(1910)〈森鴎外〉「高音でハルロオと呼ぶのである」 〔晉書‐索靖伝〕
② 音楽で、人声の最も高い音域。ソプラノ。⇔低音。〔楽典初歩(1888)〕
※双生(1966)〈吉行淳之介〉一「高音を左衛子が、低音部を右多子が受持っている」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たか‐ね【高音】
〘名〙
① 音楽や鳥の声の高い音。
※羅葡日辞書(1595)「tacane(タカネ)ニテ サエヅル トリ」
※俳諧・蕪村句集(1784)春「鶯の日枝をうしろに高音哉」
② 高低二種の三味線の合奏で高音の方をいう。豊後節系統の浄瑠璃(常磐津・清元・新内など)には必ず用いる。上調子。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)初「てうしもこゑも清元のたかねを入れしつれびきは」
③ 能楽の囃子(はやし)のうち、能管の演奏法の一つ。謡曲に返しの句がある場合に、その間に演奏されるアシライ。本来は謡曲の調子をととのえるためのものといわれる。ほかに、「高音ヒシグ」「高音ハネル」などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高音の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.