Rakuten infoseek

辞書

高陽院七番歌合【かやのいんしちばんうたあわせ】

精選版 日本国語大辞典

かやのいんしちばんうたあわせ カヤのヰンシチバンうたあはせ【高陽院七番歌合】
平安後期の歌合。寛治八年(一〇九四)八月一九日藤原師実の邸高陽院で開催。詠者は左方が女房、右方が男、各七人ずつ。判者は源経信。桜、時鳥、月、雪、祝の五題三五番を詠んだもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高陽院七番歌合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

高陽院七番歌合の関連情報

他サービスで検索

「高陽院七番歌合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.